専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 腰回りの「浮き輪肉」スッキリ!一石三鳥の脇腹伸ばしポーズ

腰回りの「浮き輪肉」スッキリ!一石三鳥の脇腹伸ばしポーズ

普段の生活の中ではなかなか伸ばせない体の部位には、贅肉がつきやすかったりします。そんな細かい部分にも、時々意識を向けて身体ケアをしてあげましょう。

このポーズは、脇腹の伸ばしにくい部位をストレッチし、ウエストをすっきりさせるほか、胃腸の調子を整えるのにも効果的。ヨガインストラクターである筆者のおすすめです。

 

固まった股関節周りからハムストリングスにも利かせてむくみ対策

意識をしていないと、ケアができない分は、脇腹以外にもあります。特に太ももの後ろ側、内側は、そして脇の下の部分。気がついたらお肉が付いていたり、セルライトが!なんて落ち込む代表的な部位。

オススメする”パリブルッタ・ジャヌシルシャ・アーサナ”は、これらの部位をしっかり刺激してくれます。普段伸ばさない部位は、ストレッチをするととても気持ちが良く、ケアをするのも楽しくなりますよ。

 

■パリブルッタ・ジャヌシルシャ・アーサナ

(1)あぐらで座った姿勢から、左足を横へ伸ばして開きます。右足かかとは会陰に近づけましょう。

(2)左手は左足の親指をつかみます。左腕の肘が曲がらずに、腕が伸びる位置まで上体を起こします。

(3)右腕を背中側へ回し、左脇腹か、左足の付け根をそえましょう。

(4)背骨を上から下へ捻るようにしながら、胸を開き、お腹周り、左足の付け根周りに刺激を入れます。

(5)10呼吸ほどキープします。

(6)反対側も同様に行います。

 

■2ステップ目で脇腹を伸ばす

上記の姿勢のまま、次のステップへ進みましょう。

(1)両手を足と脇腹から離し、上体を起こします。

(2)息を吐きながら、右手を左足の方向へ伸ばしていき、上体を左へ倒していきます。

(3)脇の下から、脇腹まで心地よい伸びを感じるところで、30秒ほどキープしましょう。

(4)ポーズを解いて、呼吸を整えたら反対側も同様に行います。

 

いかがでしたか? お風呂上がりや、眠る前の身体が温まってリラックスしている時に行うのがおすすめです。捻りの強度で、股関節周りやお腹周りのストレッチ感も変化しますので、その日の体調や気持ちがいいと感じる感覚に合わせて、行ってみましょう。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる