専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > 有酸素運動 > EMSって実際どうなの?女性用に開発されたEMS「エクリア リーン」使用レポ

EMSって実際どうなの?女性用に開発されたEMS「エクリア リーン」使用レポ

SIXPADやスレンダートーンなど、家庭用EMS機器が注目されています。その他にも様々なものがでており、違いはなんなのか、どう選べばいいのか、そもそも本当に引き締まるのか? 疑問を持っている人も少なくないかもしれません。

今回はエレコムが今年7月に発売した「エクリア リーン」を使って、実際に一週間二の腕につけて生活を実施。果たして二の腕は細くなるのか、検証しました。

 

早速編集部Fさんが二の腕に設置/仕事中もOK!

今回試してみたのは、WWO編集部のF。普段の運動はたまにジムに泳ぎに行く程度。仕事が忙しくなるにつれ、運動量が減っているのがきになっているそう。

連休を挟む一週間、毎日15分を3セット実施してもらいました。

つけ始めは筋肉がぴくぴくするので違和感があるのですが、慣れてくるとつけてることすら忘れてしまいます。1回15分と短いので、やり忘れてしまうことも。テレビを見ている時間は必ず、や、朝会社についてメールをチェックしている時間などこの時間にやる!というのを設定すればやり忘れを防げます。

二の腕だけでなく、お腹や内太ももにもつけてみたのですが、皮下脂肪が多いところは周波数を上げたほうがよいとのことだったので(下記図参照)、強めに。「ふふふ」と笑ってしまうほどのぴくぴくがありますが、こちらもすぐ慣れます。

http://www.elecom.co.jp/pickup/eclear_lean/

他のスタッフは、強さによってぴりぴりとした痛みを感じることがあったため、弱い周波数から慣らしていくとよいかもしれません。

あまりにコンパクトなので、「こんなので本当に引き締まるのか……?」という不安は拭えず……。会社がないお休みの日も家事をしながらなど、意識をして実施。

そして一週間。結果は……25.8cmから25.3cmと、マイナス0.5cm! エレコムの方いわく、これはなかなか良い結果だそうです。

他の家庭用EMS機器も使用したことがあるのですが、エクリア リーンは速筋(筋肥大)ではなく遅筋にアプローチするということで、筋肉をつけたい!という人より「しなやかな体」を理想とする人に向いているようです。

 

速筋と遅筋の違いって?

速筋はウエイトなど負荷をかけられた無酸素運動で鍛えられ、筋肥大した体格を作るのに対し、遅筋は低負荷な有酸素運動で鍛えられ、運動時に脂肪を効率的に燃焼し、引き締まった身体をつくるそうです。

エクリア リーンは部位別に4モード、強さが15段階。やはりなんといってもデザインが可愛い&コンパクトなので、持ち歩きにも便利で会社で使用していても気になりませんでした。充電がUSBでできるので、PCにつなげておけば良いという点も◎。

他の家庭用EMS機器はこちらと比べると範囲が広めのものを使用したことがあるのですが、そちらは1回で効率的に広い部分を鍛えられるというメリットがありました。

もちろんですが、運動やストレッチと組み合わせることで相乗効果となるので、EMSをつけていることで「よし!もっと運動しよう!」というモチベーションUPにもつながりました。

長期的に使用することで効果がでやすいようなので、今後も使用してまたレポートしたいと思います!

 

【参考】

家庭用EMS エクリア リーン-エレコム

神崎 利奈
コスメライター/ブロガー/イベントレポーター
コスメライター/ブロガー/イベントレポーター
コスメの成分についてまで詳しくなってしまうほどコスメ好き。食や美容、健康のイベントに300件以上参加し、レポートしています。お仕事のご依頼はkanzakirina@gmail.comまで。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる