専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > 知らなきゃ損する!コラーゲンにも大きく影響してる美容応援成分「アミノ酸」

知らなきゃ損する!コラーゲンにも大きく影響してる美容応援成分「アミノ酸」

”アミノ酸”と聞くと、スポーツドリンクやサプリメントやシャンプーなど、パワーが出る、元気になる、ツヤツヤになるなどイメージする方が多いのではないでしょうか?

そもそもアミノ酸ってなんなのか? どのように美容とつながっているのか?などアミノ酸のあれこれをお伝えします。

 

そもそもアミノ酸ってなに?

アミノ酸は、私たちの”生命の源”といっても良い大切な成分なのです。

私たちの身体の約60%が水分で、約20%がタンパク質などのアミノ酸でできています。(残りの15%は脂肪、5%が糖質などです。)

例えば、体重50kgの人の場合、50kg×20%=10kgがタンパク質になるわけです。タンパク質は主に、筋肉や消化管、内臓、血中のヘモグロビンや髪や皮膚のコラーゲンなど、身体の重要な組織をつくっているのです。

このたんぱく質を構成している成分が”アミノ酸”なのです。

私たちは肉や魚、穀物などを食べてタンパク質を身体に取り込んでいます。そのタンパク質は分解され20種類のアミノ酸になります。代表的なアミノ酸には、ロイシン、アルギニン、グルタミン、アスパラギン酸、グリシン、チロシンなどがあります。これらの20種類のアミノ酸に分解され、身体の中で再び身体をつくるタンパク質に組み換えられて身体を維持しているのです。

 

アミノ酸と美容の関係

先ほど、アミノ酸は皮膚のコラーゲンをつくるとお話ししましたが、なんと皮膚の70%は”コラーゲン”でできているのです。コラーゲンは、肌だけでなく髪や爪、関節部分など身体のさまざまな部分に存在しています。

中でも多く存在するのが”皮膚”、水分を除く70%がコラーゲンなのです。人の皮膚の構造は、肌表面から”表皮”・”真皮”・”皮下組織”と3つの層でできています。

コラーゲンは、この中の真皮の主成分で、肌のハリや弾力を保ち、表皮を支える土台でもあり、毛細血管から栄養と酸素を肌のすみずみにまで届ける働きがあります。

すなわち、コラーゲンは、私たちが一番気になる老化現象”しわ”や”たるみ”といったところに最も関わる場所に働くのです。

コラーゲンで真皮の機能を保つということは、見た目の若さを維持することにつながるというわけです。

 

コラーゲンとは?

コラーゲンは、アミノ酸がいくつかくっついてできた鎖状の”コラーゲン線維”が、3本らせん状に絡み合った構造をしています。

このコラーゲン3重らせん構造により、肌のハリや弾力がキープされるのです。このコラーゲンが減少したり変性することで、ハリや弾力が失われていくのです。

コラーゲンは、加齢、紫外線、酸化や糖化により真皮がダメージを受け劣化や変性してしまいます。
今、女性の多くはダイエット志向の影響でタンパク質が不足しているといわれています。タンパク質が不足すると、生命維持のために必要な部位に優先的にまわされ、肌の再生や修復に使われなくなってしまいます。そのため肌のコラーゲンやエラスチンなどの生成や修復が遅れ、しわやたるみなどのトラブルが現れてしまうのです。

しわやハリ、弾力の衰えは年齢とともに防ぎきれない部分もありますが、タンパク質をしっかり摂取したり、コラーゲン配合の化粧品など上手に使い、アミノ酸の力を借りて少しでも老化を食い止められることができれば嬉しいですね。

a.kumi
ビューティーエイジングコラムニスト

「コスメライセンススクール広島校」・「Beautystudio Gaiiery」の代表をしており、長年美容業界で携えた知識と技術で年齢に抗うことより心身ともに健康で美しく年を重ねる提案を発信中。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる