専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 恋愛・結婚 > 【大人の恋の処方箋】初対面の男性に「好感度大!」な自己紹介

【大人の恋の処方箋】初対面の男性に「好感度大!」な自己紹介

年末が近づいてくると、仲間同士の忘年会などで初対面の男性と出会う機会もあると思います。初対面ですと、自己紹介的な話題で盛り上がるのがよくある流れですが、この時に

「いいな、話しやすいな」
「特に思い出さない(印象に残らない)」

2つのうち、どちらかにカテゴライズされてしまうことがほとんど。

今回のコラムでは、初対面の男性に「いいな、話しやすいな」と感じてもらうためのテクニックをお伝えします。

まず、男性は初対面の女性には意外と身構えてしまい、見掛けより緊張している場合が多いもの。
そんな男性に好感度を求めるには、自己紹介の内容よりも男性をリラックスさせることが簡単で効果的な方法になります。

1.男性に会話の主導権を与える

男性からの問いかけにはなるべく言葉数を少な目に答え、相手の男性が関連する質問を出しやすい状況を作ってあげましょう。

例)男「好きなタイプってどんな感じの男性?」
女「そうですね~、面白い人かな? ○○さんはどんなタイプが好みとかってありますか?」
男「料理がうまい人……とか?」
女「そうなんですか! 私、カップ焼きそばが得意料理なんですよ(笑)」
男「それは俺でもできるよ」

相手がツッコミやすい回答をしてあげると、会話も続きやすくなります。
更には会話の舵取りまで出来るようにしてあげると「波長が合う」などと言って男性からの印象が良くなります。

2.話しやすい雰囲気を作る

雰囲気といっても、難しく考えることはありません。まず、笑顔! これが何より大切です。

笑顔や少し高めのトーンで話すことにより、男性に対して彼を受け入れているオーラが出て、リラックスした雰囲気の中、自然と会話も弾むようになり、彼の気分と共に好感度もアップします。
女性が考えている以上に、笑顔で話すことは男性の心をつかむのです。

3.男性からの会話を引き出すようにする

男性が共感しやすい質問や回答、話題などを意識して話し、会話が男性主導になるように操作しましょう。簡単にいいますと、彼が長々と話せるようなことがあったら、それを聞いてあげるのです。

つまり、自慢話を聞いてあげるんですね。

男性は会話が弾むことをより感じるようになり、彼女との距離も自然と近くなっていきます。

付き合いを深めていくためには、会話が弾む以外に大切なことはあります。
ですが、最初に「もっと話したいな」と思ってもらわないことには付き合いがスタートしないというのもまた事実。

初対面の男性でなくても使えますから、是非、参考にしてみてくださいね!

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表

恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる