専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > ウエストから下半身を引き締める捻りのポーズ

ウエストから下半身を引き締める捻りのポーズ

冬でもきになる下半身。厚着をする時期なので、通常よりも太って見えることもありますよね。特にウエストラインは、厚手の生地のせいで1.5割り増しで見えてしまうことも。

冬こそ下半身を引き締めましょう。そこでヨガインストラクターである筆者が、ウエストから下半身全体を引き締めるポーズをご紹介します。

 

■捻ってキープ!下半身を引き締めるポーズ

(1)ラン時のポーズを取ります。左脚は膝を曲げて前へ下ろします。右脚は後ろへ伸ばし床に足の先を下ろしましょう。

(2)両脚の幅は十分にとり、腰を沈めた時に、左脚が90度ラインになるようにします。

 

(2)軽く上体を左に捻りながら、右肘を左膝か太もも外側付近へおきましょう。

 

 

(3)両手で合掌した手を胸の真ん中へ引き寄せるようにして、背骨を左方向へ捻っていきます。頭(目線)、首、背骨全体と上から下へと捻るようにして深めます。

(4)右の太ももを伸ばすようにして、膝が曲がらないように脚全体を持ち上げる意識を持ちましょう。太ももを伸ばす意識が弱いと、脚全体に体重がのしかかり、きつくなります。

 

(5)5〜10呼吸ほどキープしましょう。

(6)反対側も同様に行います。

 

■ポーズのヨガ的効能

内臓の働きを活発にする。ウエストをシェイプする。太ももの強化。バランス感覚を養う。全身の筋力を整える。

 

■体の真ん中に軸を通す意識でポーズが変わる

脚の負担が多いポーズなので、脚で体重を支えるようにしてしまうとかなりきつくなってしまうポーズです。体を支えている骨格を意識して、背骨や脚の骨が体の軸となり、ポーズを支えてくれるイメージをすると、体の細かい部分まで使いながらポーズを深めることができるでしょう。

 

きつく感じる脚への意識だけで行わないように、身体一つ一つのパーツをポーズの動きに参加させるような気持ちで行うと、バランスも取りやすく、身体を支える軸の意識ができてきますよ。楽しみながら試してみましょう!

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる