専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 【プロが教える】今スグやめて!「余計に毛穴を目立たせる」鼻の黒ずみケア4つ

【プロが教える】今スグやめて!「余計に毛穴を目立たせる」鼻の黒ずみケア4つ

女性なら誰もが経験するといってもよい、“鼻の毛穴悩み”。通称“イチゴ鼻”から脱する方法や、口コミで広がる「汚れがゴッソリ取れる!」と言われている毛穴ケアのなかには、その瞬間だけはよくても“逆効果”な方法もあるのです。毛穴ケアは正しく行わないと、余計に毛穴を目立たせる原因になることも……。

そこで今回は、メイクアップアーティストの黒木絵里が“勘違いしていると毛穴がますます詰まっちゃう4つのケア”をご説明します。

 

■NGケア1: 頑固な汚れを一掃「鼻パック」

毛穴ケアの代表格“鼻パック”。確かにゴッソリ気持ちが良いほど角栓が取れますよね。それは、強力な粘着力で汚れや角栓を吸着させ取り除いてくれるから。しかし、その強力な粘着力で角栓を取ったあとの毛穴は、広がったままポッカリと穴が開いている状態です。

そこにまた汚れが入り込むことで、より一層大きな角栓ができ、毛穴はどんどん広がってまうという負のスパイラルに。また、粘着力が強いことから、皮膚に必要な角質や皮脂までも取り去ってしまうため、乾燥させてしまうという落とし穴も……。

 

■NGケア2:汚れを「手やピンセット」で取り除く

鼻の頭にチョコチョコと頭をだしている角栓の数々。気になってしまい、指で押し出したりピンセットで引き抜いた経験はありませんか?

汚れを無理矢理取り除こうとするのは、その瞬間はスッキリしますが、皮膚や毛穴にとっては大きなダメージ。皮脂線を刺激しまうことで、皮脂が過剰に分泌し、汚れが溜まりやすくなるというリスクもあります。

 

■NGケア3:ハードなスクラブ洗顔

スクラブ入り洗顔料で、毛穴の汚れを取り除くという方法がありますが、毛穴の中までしっかりと洗いたい一心で、長時間同じ場所をゴリゴリ洗ってしまうとスクラブが肌への刺激となってしまいます。

毛穴の汚れを取り除くことはおろか、肌や毛穴を傷つけ乾燥を導き、毛穴まわりの皮膚がゴワついて毛穴が詰まりやすくなってしまう原因に!

 

■NGケア4:肌を甘やかさない!“肌断食”

“断食”とばかりに毛穴ケア後なのに“何もつけない”“パパッと済ます”というのは、大きな間違い! ケア後の肌こそ、丁寧な保湿がマスト。化粧水でしっかりと水分補給し、乾燥の度合いで乳液やクリームなどを適度に使用し、毛穴を引き締める作業も忘れずに行いましょう。

 

鼻の毛穴ケアに限らず肌ケア全体でいえることは、なにごとも“無理矢理”“力づく”というのはNGです。毛穴汚れを出しやすくするために、ホットタオルで毛穴をしっかりと開いてからケアを行うという一手間で、ケアによる肌への負担は減らすことができます。

毛穴が小さくなると第一印象はガラッと変わるもの。新生活に向けて準備を始めましょう!

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【関連記事】

【プロが教える】そのつけ方、今スグ止めて!キレイにならない化粧水の使い方4つ

※ 早く老ける人は●指を使ってる!? 目元が「どんどん老けちゃう」NG習慣4つ

※ 意外!スリムな人が多い県2位は「神奈川県」、1位は?

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる