専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 花粉シーズン到来!ひどくさせない秘訣は「バリア機能を高めておく」こと!

花粉シーズン到来!ひどくさせない秘訣は「バリア機能を高めておく」こと!

花粉の時期になると肌が痒い、赤くなる、荒れる、乾燥するなど花粉によるかぶれが起きてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?花粉の時期に備えてお肌を守る方法をエステティシャンの筆者がご紹介します。

 

■花粉シーズンが本格的になる前にバリア機能を高めておくこと

お肌の表面には紫外線や外的刺激が肌内部に侵入しないようにバリア機能というものが備わっています。ですが、このバリア機能が生活習慣やスキンケア不足などによって乱れてしまうと、紫外線や花粉、黄砂、PM2.5などが侵入し、痒みや赤み、肌荒れなどの原因となります。花粉による肌トラブルから守るためには、バリア機能を高めておき、外的刺激を避ける力を備えておくことがポイントです。

 

■バリア機能を高めながら花粉による肌荒れからお肌を守る方法とは?

(1)お肌の摩擦を起こさない

お肌に摩擦が起きることで角質層が傷つき、バリア機能が乱れやすくなります。痒みが起きても掻かない、洗顔の際もゴシゴシ洗わないように、クレンジングの量を少し多めにとり滑らしながら浮かせ、洗顔料も泡立てて転がしましょう。タオルで拭く際もゴシゴシせず、水分を吸収するように優しく抑えるようにしましょう。

(2)程よい洗浄力と落としやすいコスメにする

メイク汚れを落としたい、花粉が気になるからといって洗浄力の強いクレンジングや洗顔料はお肌にとって乾燥を招き、バリア機能を乱れさせる要因に。落としやすいコスメを使ったり、ナチュラルメイクにし、洗い流す際にお肌に負担をかけないようにしましょう。

(3)お湯はぬるま湯で

38℃〜40℃の熱いお湯はお肌の潤い成分が奪われお肌が乾燥しやすくなり、バリア機能が乱れやすくなりますので、30℃〜32℃のぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

(4)洗顔後すぐにスキンケア

洗顔後すぐにスキンケアをせず、そのままに放っておくとお肌内部の水分が乾燥した空気に奪われ、お肌が乾燥し、バリア機能も低下しやすくなります。洗顔後すぐに化粧水をハンドプレスし、コットンにひたひたになるくらいの化粧水を摩擦は起こさずに優しくお肌になじませていきましょう。乳液、クリームも少し多めにハンドプレスしてしっかりとお肌に水分と油分を閉じ込めましょう。

 

花粉や大気汚染物質は見えない程小さいので、衣類や髪などにも付着している場合もあります。まずは上記のことを日々心がけ、バリア機能を高めて花粉や大気汚染物質を侵入させない肌にしておくことが大切です。

エステサロンオーナー/美容家/ライター
大阪 谷町九丁目 エステサロン Private Salon Laule'aを運営。サロンワークの他、美容家・美容ライター・講師としても活動。お仕事のご依頼はbeauty.laulea@gmail.comまで。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる