専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 【トレーナーが伝授】足首の揺れを改善するトレーニング

【トレーナーが伝授】足首の揺れを改善するトレーニング

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

先日、筆者が街を歩いている時、可愛らしい20歳前後のカップルが目の前を歩いていました。

彼氏はシャツにジャケット、彼女はヒールにワンピースと、ふたりでオシャレをしている様子を、微笑ましく感じていたのですが、次第にムードはピリピリと険悪に……。

内容までは分かりませんが、カップルは歩きながら口論をしている様子です。

おやおや……と思いながらふと目をやると、筆者はあることに気付いてしまったのです。

彼女の足首が、ずっと揺れているではありませんか。

ヒールの高さは7〜8センチほどのものでした。一歩彼女が踏み出すたびに、足首が不安定に小さく揺れます。

彼女は、疲れてしまったのか、もしかしたら痛みを感じていたのかも知れません。

みなさんの足もとはいかがでしょうか。

その疲れやすさ、もしかしたら、足首の安定性の欠如によるかもしれません。

今回は、安定性を向上させるためのトレーニングを習得していきましょう。

 

ボールを使ったバランストレーニング

足もとの不安定性の原因は、捻挫などの怪我や、習慣による筋バランスの崩れによる事が多く考えられます。

スクワット動作を使用し、安定性やバランスの向上にアプローチをしていきましょう。

今回は道具を使用します。

写真のようなボールをお持ちではない場合には、何か不安定なものを足の下に置いてください。

バスタオルを筒状に丸めた状態のものでも構いません。

まず椅子に座った状態で、ボールを踏んだ姿勢を作ります。

この時背筋はスッと伸ばし、お腹に力を入れます。

ゆっくりと立ち上がってみましょう。

写真では膝に手をついておりますが、出来るだけ手の力に頼らず、足の力で立ち上がることが重要です。

この時、足の裏や、足首が、揺れたり、動かないように意識をしてください。

そのまま下半身の力をしっかりと発揮して立ち上がります。

この動きを10回繰り返してみましょう。

慣れてきたら、お尻が椅子につくかつかないかのところで、繰り返し行いましょう。

呼吸を止めずに行います。

この動作や、負荷に問題なければ、椅子を使わずにしゃがみ込み動作を行ってみましょう。より難しくなったことでフォームが崩れていないか、しゃがみ込みの深さがきちんと出来ているかを確認してください。

慣れてきたら、回数やセット数を増やしてみましょう。

足もとの不安定性の改善は、トレーニングの反復は勿論ですが、意識の持ち方がとても重要になります。

ぜひ日常から動作の確認をしてみてくださいね!

伊藤晃一
パーソナルトレーナー
トレーナー歴14年、現在まで15000セッション、1500名以上の方々を指導。
俳優としても活動中。22歳の時にパーソナルトレーナー養成コースを受け同年デビュー初月から100本以上のセッションをこなす(友達から伝説だ!と言われました(笑))。
29歳の時に渡米、ニューヨークにて出張パーソナルを中心に歌手、起業家、翻訳家、デザイナーの方達を指導しながら、NewYorkFilmAcademy(俳優学校)にて演技について学び、英語を習得。
2009年帰国、自分のスキルを更に伸ばすためヨガ、ピラティス、マスターストレッチ、ファスティング(断食)資格を取得し“五感を満たせる快適な空間”でトレ ーニングを行ってもらいたいという思いから三軒茶屋にStudio Carpe Diem(カルペディエム)をオープン。“一生涯、自分の足で健康に歩き続けられるために”をコンセプトに、“運動の主治医”として“運動”、“食事”、“水”をお一人お一人に合わせてご提案しながら全国各地で活動中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる