専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 基礎代謝を上げる!シェイプアップにパールシュヴァ・コーナ・アーサナ

基礎代謝を上げる!シェイプアップにパールシュヴァ・コーナ・アーサナ

自宅でシェイプアップに効果的なヨガポーズをしてみたいけれど、何をしたらいいか分からなくて迷いますよね。そんな時には、全身をしっかり使えて、太りやすい姿勢の悪さを整えるのに必要な、股関節周りの柔軟性を養えるポーズがあります。

ヨガインストラクターであるyuukaがおススメする、パールシュヴァ・コーナ・アーサナをやり方をご紹介します。

 

体側を伸ばすポーズと言われるけれど

アールシュヴァ・コーナ・アーサナは、体側を伸ばすポーズと日本語で訳されますが、体側以外にも、太もも、お尻、股関節周り、また肩周りの柔軟性も必要な、全身を使うポーズです。

ポイントを押さえて行えば、大きな筋肉が刺激され、適度な筋力を養いながら、痩せやすい体質を作る土台になってくれます。

股関節周りが硬いと姿勢が悪くなる

股関節周りや太もも周りが硬くなると、腰(骨盤)が立ちにくく姿勢が悪くなりがちです。それはお腹から股関節、太ももの筋肉が繋がって体を動かしているから。このポーズは、硬くなりがちな股関節周りの柔軟性も強化してくれます。

 

パールシュヴァ・コーナ・アーサナ

(2)立った姿勢から、両脚を左右に大きく開きます。左足先を左方向へ向け、右足先は内側へ入れます。

(3)右かかとでしっかりと床を押し付け、太もも、お尻まで軽く力が入るようにしましょう。

(4)左膝を曲げながら、左手を左足手前におろします(可能であれば脚の外側へおろしてください)。

(5)右足かかとでしっかりと床を踏みしめながら、吸う息で右腕を頭の先へ伸ばしていきましょう。右腕が右耳の上に来るように意識しましょう。

(6)右脚全体から腰、脇腹、脇、腕全体が真っ直ぐのラインで揃うようにして、気持ちよく伸びるのを意識しましょう。

(7)曲げた左脚は、膝の真下に足首がくる位置を意識します。

(8)左股関節を外側に回転させるようにして、胴体を引き上げながら右方向へ開き、腕が耳の上に伸ばせるように促します。

(9)深い呼吸で10呼吸キープし、反対側も同様に行いましょう。

 

股関節や太ももが硬いと、体を沈めるが辛く難しいと感じるかもしれません。その場合は、左手を床に下ろさず、左肘を左脚の上に置きます。全身をしっかり使うこのポーズ。気持ちよくポーズが取れるようになる頃には、柔軟性や筋力が養われているはずです。定期的に行って、シェイプアップを目指してくださいね!

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる