専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > 食生活 > 疲労に肌荒れ・・・体に溜まった毒素の排出には春の2大野菜がオススメ

疲労に肌荒れ・・・体に溜まった毒素の排出には春の2大野菜がオススメ

抜けない疲れや肌荒れ、便秘。原因はいくつかありますが、もしかしたら“毒素”の排出がうまくできていないせいかもしれません。毒素は食べ物や日用品などから体に入ってくるため、気を付けていても摂取してしまうもの。ですが、解毒をサポートする食べ物を取り入れてあげることで、毒素を溜め込みにくい体に近付けられるのです。

そこで活躍するのがキャベツとブロッコリー。両方とも今まさに旬を迎えているこれらの野菜は解毒力が高いことで知られています。

 

アブラナ科の野菜が解毒によいワケ

キャベツやブロッコリーはアブラナ科の野菜。アブラナ科の野菜には硫黄化合物が含まれており、それが肝臓の解毒酵素を活性化。解毒力を強化すると言われています。

最初に挙げたような症状に心当たりのある人は、解毒の鍵となる肝臓の機能を回復させるためにこれらの食材をバランスよく取り入れてあげるとよいかもしれません。

そして、キャベツやブロッコリーが持つ素晴らしいパワーはそれだけではありません。

 

まだある嬉しい野菜パワー

(1)キャベツ

キャベツと言ったら、“キャベジン(ビタミンU)”。胃酸の分泌を抑え、粘膜の修復を助ける働きがあることから、胃の不調の改善に期待される栄養成分です。緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンとあわせて食べることで、よりその効果が高まると言われています。

ビタミンCは、大きめの葉一枚に1日の摂取目安の2割ほどが含まれるそう。なるべくなら非加熱の状態で、ビタミンCもしっかりと補えるような調理法でいただきましょう。

(2)ブロッコリー

ブロッコリーはつぼみを食べる緑黄色野菜。100gあたりで1日分のビタミンCを摂ることができ、ビタミンB12と協力して血液を作ったり、胎児の正常な発育に役立ったりする葉酸の含有量は野菜のなかでもトップクラス。

購入から時間が経つとつぼみが開いていき、そこから栄養が減っていくので、早めに食べきることをオススメします。

 

早速今夜の献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、これらの食材に偏りすぎることなく、バランスよく食べてくださいね。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる