専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > お顔のうぶ毛の処理は出来てる?エステティシャンが教えるうぶ毛処理のポイント

お顔のうぶ毛の処理は出来てる?エステティシャンが教えるうぶ毛処理のポイント

メイク前によくお肌を見たときに見えるのがうぶ毛。たまに産毛処理をするとお肌がパッと明るくなった気がしたり、スッキリした感じがしてメイクノリが良くなったように感じることがありますよね。目に見えてわかりやすいので定期的におこなっている方もいるのではないでしょうか? 今回はエステティシャンが教えるお顔の産毛ケア方法をご紹介します。

 

■産毛伸びっぱなしになってない?

ふと鏡を見た時に、お顔の産毛が生えっぱなし、伸びっぱなしになっているなんてことはありませんか? 産毛の色は濃くないので目立ちにくいものの、光の加減で人からは意外と見えやすい部分でもあります。定期的に産毛処理をおこなっておくことでメイクの仕上がりが違ったり、お肌がパッと明るくなった印象になります。

 

■産毛処理のポイントとは?

ドラッグストアなどで売っているカミソリや電動シェイバーなどを使っている方が多いのではないでしょうか? 筆者がオススメするのはガード付きのもの。深剃りしたり、お肌を傷つけないためにはガード付きの刃のものがオススメ。

(1)お顔全体に乳液もしくはクリームを塗ること

素肌のまま産毛処理をするとお肌を傷つけたり、乾燥しやすくなるので、必ず乳液やクリームを塗ってからおこなうようにしましょう。

(2)額〜眉周り

髪の生え際の産毛を剃りすぎてしまうと不自然になるので1cm程は残しておき、額全体から眉間や眉の周りまで処理しましょう。

(3)目の下の頬〜頬全体にかけて

頬骨あたりからフェイスラインにかけて上から下に向かって剃ります。

(4)小鼻や口元

鼻筋や小鼻を少し倒しながら、上唇の周りや鼻の下、口周りも丁寧に上から下に向かって処理しましょう。

(5)お肌表面の乳液もしくはクリームは洗い流す

お顔全体の産毛処理が終わったらお肌表面についている乳液やクリームは丁寧に洗い流しましょう。

(6)化粧水+美容オイルでたっぷり保湿

タオルでお肌の水分を拭き取ったら、手のひらに化粧水を取り、いつもより回数を重ねてお肌に化粧水を浸透させましょう。美容オイルを持っている場合は美容オイルを塗布することでより保湿力を高めましょう。

(7)シートマスクで集中保湿

産毛処理をした後は、お肌表面の古い角質も一緒に落ちているので乾燥させないようにしっかりと保湿ケアをすることで翌日のお肌の調子が変わります。ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されたシートマスクなどで集中保湿をおこないましょう。

(8)乳液とクリームで水分を逃さない

お肌にたっぷりと化粧水を美容液を与えたら乳液とクリームで仕上げます。

 

10日に一度くらいのペースでお顔の産毛を確認し、処理をするようにしましょう。ニキビがあったり、お肌の調子が悪いと感じる時は処理はせず、保湿ケアのみにしてお肌を整えてくださいね。産毛処理をおこなうことでお肌の明るさやメイクのノリがグンと違いますので、ぜひ参考にして見てはいかがですか?

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる