専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 締め付けの強さと逆転のポーズには注意!「生理中のヨガ」気を付けるポイントは

締め付けの強さと逆転のポーズには注意!「生理中のヨガ」気を付けるポイントは

「ヨガは健康のためによい」、このように思っている人は多いでしょう。ゆったりとした呼吸と心地よい伸び、適度な疲労感が得られるポーズの連続により、心身ともに機能が向上するのは確か。

ですが、体が通常モードでないときはどうでしょう。

今回は、「こんな体調のとき、ヨガはOK?」にインストラクターの筆者がお答えしていきたいと思います。

 

生理中のヨガはOK?

もちろん生理中にヨガをしてもよいです。ヨガをすることで骨盤まわりの血行がよくなったり、心身ともにリラックスした状態に近づけたりと生理中の不快感の軽減に役立つでしょう。

ただ、経血の量が多い日や生理痛・腰痛・頭痛などがある日はパワー系のヨガを頑張るよりリラックス系のヨガで体をいたわってあげて。

ウェアは締め付けが強くないものを着用し、経血を逆流させるような“逆転のポーズ(足が頭より上にくるポーズ)”は控えることをオススメします。

 

風邪気味の日のヨガはOK?

「風邪を引いているかも」もしくは、「風邪が治ってきた」というときのヨガは……△です。無理に体を動かすことで体調を悪化させたり、汗で冷えてしまったりする恐れがあるからです。特に、熱があるときのヨガはお休みすることをオススメします。

もし体調が回復してきているのなら、トップ画像のような喉周辺を伸ばすようなポーズを取ってあげると回復の助けになると言われています。

スタジオレッスンは気密性の高い室内でおこなわれるため、他の生徒さんに風邪をうつす恐れがあるので、完治してから参加しましょう。

 

筋肉痛がある日のヨガはOK?

ヨガのポーズの中には筋力を使うものもあります。筋肉痛があるときにポーズを取ろうとすると、力を抜くべきときに力んだり、力を入れるべきときに抜けてしまったりして、他の筋肉や関節に負担がかかることも。

ポーズ自体を緩めたり、筋肉痛が治るまでお休みしたりするなどして、体の回復を優先して。

 

体の調子がいつもとは違うときは、その状態に合わせたヨガをするか、お休みするのが賢明です。体と相談しながらおこなってくださいね。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる