専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > たくさん寝ても消えない・・・アラサー世代から急増「黒クマ」って?

たくさん寝ても消えない・・・アラサー世代から急増「黒クマ」って?

青いクマや茶色いクマはメイクである程度隠せますが、そうもいかないのが黒いクマ。この黒いクマができてしまうと、目元だけでなく顔の印象をグンと疲れて見せてしまいます。

正面を向いたときはクマが目立つけれど、上を向くと薄くなるという人は、黒クマタイプなのですが、一体その正体とは? 対処法とあわせてチェックしていきましょう。

 

黒クマの正体

目の周りの血行不良が原因の青クマや、メイクなどの色素沈着が原因の茶クマは比較的若い年代の人にも起こりやすい症状。

ですが黒クマは、年齢とともに目の下の皮膚が薄くなってたるみ、それが影になり黒く見えるというもので、アラサー世代から多く見られるようになります。

では、黒クマはどうやって対処したらよいのでしょうか。

 

黒クマには根本的なケアが必要

上記でお伝えしたとおり、黒クマは皮膚のたるみとそこからくる影が原因であるため、メイクで隠し切るのは難しくもあります。もしメイクでカバーするのなら、コンシーラーを使うより、オレンジ系のコントロールカラーを使うと良いでしょう。なぜなら、オレンジ系の色は黒クマの反対色だから。

ファンデーションはごく薄く塗り、目の下~頬の間にハイライトを入れることで立体感が出て、たるみを目立たなくする効果に期待できます。

また、根本的にたるみを解消するためのエクササイズも欠かせません。

顔は正面に向けたまま目線は上に向け、黒クマのあたりに意識を集中しながら、下まぶた周辺の筋肉を使って持ち上げる動きを30回おこないましょう。

下まぶたを動かしにくい人は、鼻の下を伸ばして口を縦に開きながらおこなってもよいです。

 

疲労や年齢を感じさせる黒クマ。悪化させる前にエクササイズを取り入れて、根本的に改善してみてはいかがでしょうか。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる