専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > 食生活 > たんぱく質にプラス!さらなる相乗効果を狙える「食べ合わせ」

たんぱく質にプラス!さらなる相乗効果を狙える「食べ合わせ」

運動をする人や若々しい美しさを意識する人の多くは、“たんぱく質”の摂取を欠かしませんよね。ですが、ただたんぱく質だけを摂取するだけではもったいないのです。

ここでは、たんぱく質と食べ合わせることでさらなる相乗効果を狙える栄養成分についてお話ししていきたいと思います。

 

1:銅

「銅」と聞いてもピンとこない人は多いかもしれません。銅は、たんぱく質が鉄と結合してヘモグロビンという赤い色素になり、赤血球を作るのを助けてくれる栄養成分。鉄が十分に存在していても、銅がなければ赤血球はうまく作れないとも言われています。

銅も意識的に摂り、貧血の予防に役立てましょう。

【銅を含む食材】

レバー/魚介類/するめ/ナッツ類/大豆など

 

2:ビタミンC

美肌効果や風邪の予防、免疫力アップに効果を発揮するビタミンC。細胞の強化をしてくれるたんぱく質と一緒に摂ることで、免疫力がさらに増強すると言われています。

【ビタミンCを含む食材】

赤ピーマン/パセリ/ブロッコリー/きゃべつ/アセロラ/キウイフルーツ/いちご/ゆず/芋類など

 

3:ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質を分解してアミノ酸へと変える手助けをしてくれる栄養成分。そして、分解されたアミノ酸を体のそれぞれに合ったたんぱく質へと変える手助けをしてくれるのです。

【ビタミンB6を含む食材】

かつお/まぐろ/バナナ/レバー/バナナなど

 

4:脂質

最後は脂質。たんぱく質と一緒に摂ることでホルモンの材料となったり、細胞膜の成分となったりして健康面のサポートに役立ってくれます。

肉や魚、卵といったたんぱく質を含む食材に良質なオイルをかけて食べるのもよいですよね。

【脂質を含む食材】

植物油/バター/ナッツ類など

 

食事はバランスよくが鉄則です。「体によいから」と、これらに偏りすぎることがないようにしながら、献立の参考にしてみてくださいね。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる