専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > 食生活 > レッスン後の食事どうしてる?インストラクターがリアルに食べている「〇〇丼」とは

レッスン後の食事どうしてる?インストラクターがリアルに食べている「〇〇丼」とは

ヨガのレッスン終了後、いつもより心身が軽く健やかに感じることから、“食”に対しても意識が高まる人は少なくありません。普段は、お惣菜やジャンクフードに手が伸びがちな人も、「せっかくだから食事も丁寧にヘルシーに」と感じるそう。

そこでよく、「先生はレッスンの後に何を食べているの?」という質問をいただきます。

今回は、朝・昼はもちろん夜のレッスン後でも罪悪感なく食べられる“丼”の作り方を紹介したいと思います。

 

美容・健康食材で作るアボカド納豆丼

ここで紹介するアボカド納豆丼は、筆者がよく作っているレッスン後の食事です。使用するのは美容や健康に嬉しい食材ばかり。それに、疲れて帰ってきた後でもとても簡単に作ることができるのです。

【材料】1人分

・アボカド・・・1個(夜遅い時間に食べるのなら、1/2個でも〇)

・納豆・・・1パック

・パクチー・・・お好み量

・黒ごま・白ごま・・・適量

・塩昆布・・・少々

・ごま油・・・大さじ1

【作り方】

(1)アボカドを一口大にカット

(2)塩昆布を細かく刻み、黒すりごまと一緒に納豆に混ぜる

(3)(1)(2)を器に盛り付けたらパクチーを添え、ごま油、白ごまをかけて完成

パクチーが苦手な人は、大葉やほかの野菜を添えてもよいでしょう。トマトや赤パプリカなどで彩りを加えると、視覚からも食事を楽しめます。

 

それぞれが持つ栄養成分

今回使用した食材の栄養についておさらいしていきましょう。

(1)アボカド

さまざまなビタミンを豊富に含み、血行促進や肌のカサつきを改善する役に立ってくれます。リノール酸やリノレン酸はコレステロールを下げる効果に期待されています。

(2)納豆

納豆はひきわりでも粒でもよいです。ひきわりの場合は、美肌作りや血行促進に期待されるビタミンB2、B6、E、Kの摂取に、粒の場合は食物繊維、ミネラルの摂取に適しているので、コンディションに合わせて選んでみて。

(3)パクチー

パクチーには体内の有害金属を排出するキレート作用があります。そして、独特の香り成分が胃腸の調子を整えるのに役立ってくれますよ。 

(4)ごま

ごまの代表的な栄養成分は、ゴマリグナン。生活習慣病の予防に役立つ抗酸化作用を持つだけではなく、肝機能の向上にも働きかけます。ごまは、硬い殻に覆われているので、消化吸収をよくするためにすりごまを選ぶのもおススメです。ただし、酸化しやすくもなるので覚えておきましょう。

 

スーパーで購入できる身近な食材で簡単に作れるアボカド納豆丼。ぜひ一度作ってみてくださいね。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる