専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > プロが伝授!簡単に「お顔の固太りを解消」するマッサージテク

プロが伝授!簡単に「お顔の固太りを解消」するマッサージテク

季節の変わり目はジワジワと疲れが溜まってくるもの。なんだかお顔が重いな……という時は、お顔の筋肉「表情筋」が凝り固まっているかもしれません。表情筋が凝ると、お顔のメリハリが無くなった、表情が上手く作れない、お顔が大きくなった気がする、など憂鬱な状態に。大人の女性たるもの、日々のセルフケアでお手入れしていきたいですよね。

そこで今回は、ヘアメイクアーティストとして年間1,000人以上もの女性を美しく変身させている筆者が、メイク前に行う「簡単にお顔の固太りを解消できるマッサージ」のポイントをご紹介しましょう。

 

エラ

食事の際に噛むときに使う“咬筋”と呼ばれる表情筋があります。

フェイスラインのたるみ予防に効果があるので、ある程度の筋肉は必要なのですが、使いすぎると逆にお顔を大きく見せる原因に。

ストレスで気づけば奥歯に力が入っている、寝ている時に歯ぎしりをしている……など思い当たる方は、注意が必要です。

2本指で円を描くようにグリグリと回しながらエラ~アゴの付け根にかけてしっかりとほぐしましょう。
この時、指先は滑らさずに骨に当たっている感触を確認したまま表面の筋肉を動かしていくことがポイント。
ゴリゴリ……と音がする時は、とても凝り固まっている証拠ですよ。

 

チークボーン

お顔のメリハリが無くなった..という時には、“頬筋”をほぐしてあげることがポイント。

チークボーンの半月型の骨の窪みラインに沿って、指先を押し込むように小鼻の脇から耳の前までスライドさせましょう。

この時は滑らせるように一気に指先を動かしたいので、クリームなどスキンケア中に行うと良いでしょう。

そして、エラの上にあたる頬骨の付け根の部分を、エラをほぐした時と同様に指先で回しながら押しましょう。

 

何だか目が小さくなった気がする..という時には、“皺眉筋”が動かずに目が開けづらいなんてことも。
人差し指と中指の第2関節を折り曲げて“鍵”を作り、背面を使って眉頭~眉尻まで眉毛の上下をスライドさせていきましょう。

眉間の縦皺が気になる人にも特にオススメ。眉が軽くなると、目元に力が宿るのが感じれるかと思います。

 

前頭筋

お顔全体が重い……という時には、お顔を支えてくれている頭の筋肉をほぐすことがおススメ。
特に、おでこの延長線上にある“前頭筋”をほぐすことで気分がリフレッシュするとともに、たるみへのアプローチもできますよ。

両手の5本指を使い、生え際から頭頂部にかけてシャカシャカとゆらしながら髪がこすれる音がするように軽く前後にスライドさせましょう。

いかがでしょうか? ぜひ毎日のスキンケアに“ながら”で追加してみてくださいね。

古賀真知子
ヘアメイクアーティスト/美容家
メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる