専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > お疲れ姿勢崩れを整える、寝る前簡単ストレッチ

お疲れ姿勢崩れを整える、寝る前簡単ストレッチ

1日の仕事が終わり、腰や肩が凝りすぎて体が伸びない。姿勢を良くしたくてもしんどくて背中がまるまる。そんな1日のお疲れ姿勢を寝る前にリセットしておきましょう。

ヨガインストラクターである筆者が、姿勢が伸びなくて余計疲れる!と思う日に行う気持ちがいいストレッチをご紹介します。

 

■足がむくむ!腰が痛い。そんな時のストレッチ

(1)四つ這いの姿勢からスタートします。

(2)右膝を外側へ開いていき、脚の付け根が伸びる位置を探します。

(3)左脚は後方へ伸ばしていきましょう。

(4)右脚の付け根と床の空間をなくすつもりで、腰を沈めていきましょう。気持ち良く脚の付け根が伸びる位置でキープします。

(5)無理に押し込んだりしないように、自重(自分の体重)でストレッチの強度を調整しましょう。

(6)30秒程度キープしたら、反対側も同様に行います。

 

■お疲れ猫背がきになる時に

(1)四つん這いの姿勢からスタートします。

(2)両手の指先を内側に向けます。肘を曲げて胸を床に沈めていきます。

(3)息を吐きながら左肩を床に近づけるようにして、顔は右側を向きます。肩甲骨の内側を刺激される位置を確認しましょう。

(4)この時、肘が倒れないように注意しましょう。

(5)息を吸いながら元の位置に戻り、次は反対側を行います。

(6)肩甲骨周りをほぐす意識で、交互にゆっくり行います。

(7)30秒〜1分程度続けましょう。

 

いかがでしたか?肩甲骨周りと骨盤は影響しあって体が動いています。どちらかだけをほぐしても、体はスッキリとしません。姿勢を整えるにはどちらも丁寧に気持ち良くほぐすことを覚えておきましょう。寝る前に気持ち良く体をほぐすことで、翌日をスッキリと迎えましょう!

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる