専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > お尻とお腹を同時に引き上げる、寝ながらできるヨガポーズ

お尻とお腹を同時に引き上げる、寝ながらできるヨガポーズ

薄着になると隠せなくなるお腹やお尻のライン。後ろから見ても前から見ても気になってしまう部分を、まとめてスッキリさせていきましょう。

ヨガインストラクターである筆者が、お尻とお腹を同時に引き上げるのにオススメのヨガポーズをご紹介します。

 

■お尻と太ももの境目を作る

理想的なお尻を作るには、お尻を引き上げるアプローチ、お尻の幅を狭めるアプローチ、太ももとの境目を作るアプローチとそれぞれを組み合わせる必要があります。今回は、太ももとお尻の境目を作ることを意識してポーズを取ってみましょう。

 

■お尻がたるむとお腹も緩む?

お尻がたるんだり、お腹周りが緩む原因は、脂肪が増え筋肉量が落ちることも原因ではありますが、骨盤の位置の歪みも大きく関係してきます。骨盤を安定させるには、お尻やお腹の筋力がとても大切。ご紹介するポーズでその両方に意識を向けながら行ってみましょう。

 

■セツバンダ・アーサナ「橋のポーズ」

(1)仰向けに寝ます。膝を曲げた脚は腰幅に開き、踵をお尻に近づけます。

(2)両手は脇を閉じて体の横に下ろしておきましょう。

(3)息を吸いながらお尻を持ち上げます。次に腰、背中と持ち上げて、顎と喉を近づけていきましょう。

(4)両膝の幅が腰幅より狭まらないように注意し、太ももの内側、お尻、お腹に力が入っているのを意識します。

(5)5秒程度キープしたら、ゆっくり背中を丸めながら持ち上げた体を下ろしていきます。お尻が床ギリギリのところで止め、再び体を持ち上げていきます。

(6)5往復繰りかえし、5回目持ち上げたところで5~10呼吸キープしていきます。

(7)余裕があれば、背中の下で両手の指を組んで肘を伸ばした姿勢をとりましょう。

(8)終えたらゆっくりと背中を丸めながら床に下り、両足を伸ばして休みます。

 

いかがでしたか? お尻を持ち上げる時は、お尻と太ももの境目がぐっと引き締まっている位置まで持ち上げるようにしましょう。両脚の幅が開くと効果が半減しますので、意識しながら丁寧に行ってみてくださいね!

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる