専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 医師推奨!熱中症対策に効果的なミネラル入りむぎ茶は「無糖のスポーツドリンク」

医師推奨!熱中症対策に効果的なミネラル入りむぎ茶は「無糖のスポーツドリンク」

健康を目的にランニングやウォーキングなど楽しんでスポーツをしている方、トレーニングに励む方で、これからの季節気をつけたいのが「熱中症」といわゆる「ペットボトル症候群」。

日本の夏は湿度が高いため「熱中症」になりやすい環境であると言えます。「熱中症」は、水分やミネラル不足から体内の調整機能が破綻することで、身体に熱がこもり熱中症を引き起こします。

そして、スポーツドリンクや炭酸飲料に含まれる糖分を過剰に摂取してしまうと急性の糖尿病に似た症状(いわゆるペットボトル症候群)、になる危険性があるそうです。

日本医師会認定 健康スポーツ医である河村剛史 先生(河村循環器病クリニック院長)は、健康的にスポーツを楽しむ方には “無糖のスポーツドリンク”として、「ミネラルが含まれるむぎ茶」を推奨しています。

 

■夏のスポーツは、熱中症に注意が必要

河村剛史 先生(河村循環器病クリニック院長) 
日本循環器学会認定 循環器専門医/心臓血管外科名誉専門医
日本医師会認定 健康スポーツ医/産業医/健康スポーツ関連施設連絡協議会会長
出典: Woman Wellness Online

気温が上昇するこれからの季節は、日常やスポーツ時の熱中症対策に注意が必要です。ミネラル入りむぎ茶の健康価値である「血流改善効果」や「運動時の血圧上昇抑制効果」は熱中症対策に効果的です。

過去に国際競技大会において、日本人のスポーツ選手が熱中症対策として、高純度塩(食塩)摂取による塩分補給と水分補給を行っていたにも関わらず、競技中に筋肉の痙攣を起こして動けなくなるというケースが日本人のみに多発しました。

この原因として、日本人の塩分摂取が高純度塩なのに対して、外国人はマグネシウムが含まれている低純度塩(岩塩など)を摂取しているという違いがあります。競技中に起こる筋肉の痙攣は水分と塩分の不足によるものだけではなく、マグネシウムの摂取不足に起因する可能性が考えられます。

熱中症は、重症度に応じてⅠ度~Ⅲ度の3段階に分類されていますが、競技スポーツを行うアスリートはⅡ度の「熱疲労」を想定した対策が必要です。熱疲労とは、水分と塩分が汗により失われるために血液量が減少し、低血圧症状として、めまい・立ちくらみ・頭痛などが起こる脱水症状です。一般の方はⅠ度の「熱痙攣」を想定した対策が必要です。熱痙攣とは、多量の汗が出た時に塩分補給をしないで水分だけを補給し、マグネシウム不足による筋肉痙攣が起きた状態です。対策としてはコンスタントに水分とミネラル分を補給することが効果的です。

マグネシウムが含まれた“ミネラル入りむぎ茶”は、血流を改善する効果、及び運動時の血圧上昇を抑制する効果があることが研究で分かっています。これらは特に前記のⅠ度の熱中症対策に効果的で、水分・ミネラル不足による血液のドロドロ状態が引き起こす心筋梗塞、脳梗塞などを防ぐ手段としても有効です。

 

■ミネラル入りむぎ茶はアスリートの“コンディショニング飲料”

ミネラル入りむぎ茶が持つ「血流改善効果」によって、血液がサラサラになり、筋肉への血流量・酸素輸送量が増加することで、持久性運動能力の向上が期待できます。加えて、「運動時の血圧上昇抑制効果」は、血圧の上昇を抑えるため無駄なエネルギー消費の抑制につながります。このことから、アスリートには日常的に体調を整えるための“コンディショニング飲料”として、ミネラル入りむぎ茶を継続飲用することをお薦めします。

 

■「点滴飲み」が効果的。日常的な水分&ミネラル補給が大切

水分とミネラル補給は、一気に行っても血液内に吸収された時にしか効果がありませんので、少しずつ継続的に飲む「点滴飲み」が効果的です。意外に知られていませんが、熱中症は発生した当日の水分とミネラル不足から起こるのではなく、数日前からの不足が原因で発生します。常日頃から意識的に水分、ミネラル補給を心がけてほしいと思います。

と河村先生。

 

日本ランニング協会 代表理事 小林 渉さん

出典: Woman Wellness Online

駅伝の強豪・東洋大学は、ミネラル入りむぎ茶を“コンディショニング飲料”として採用しているそう。

一般社団法人日本ランニング協会の代表理事・小林渉さんは、「ランニングでは長距離を走る分、水分とともにミネラルの補給がとても重要です。汗をかくと水分だけでなく体に必要な栄養素であるミネラルも失われます。ミネラルは体内でつくることができないため食品や飲料から補給する必要があります。日常飲料として飲まれている“ミネラル入りむぎ茶”はミネラルが補給できるうえ、糖分を含まないため健康づくりを意識したランナーにお薦めのドリンクと言えます。当協会でもスポーツ時の水分補給に推奨しています。」と話します。

 

スポーツをする人はもちろん、「熱中症」はこれからの時期、日中だけではなく夜間や深夜にも注意です。スポーツドクターである、野崎豊 先生(ノザキクリニック院長)は「睡眠中の熱中症」対策として、ミネラル入り麦茶を就寝前と起床時の飲用が効果的と話します。

 

身近な飲料ですが、日頃の水分補給を「ミネラル入りの麦茶」にするだけでも、この時期強い味方になってくれそうです。

 

【参考】

※ 専門家が語る。熱中症対策に効果的なミネラル入りむぎ茶は「無糖のスポーツドリンク」-赤穂株式会社

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる