専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > アラサーは今すぐ確認!20代の時より意識するべき「くすみ」ケア方法

アラサーは今すぐ確認!20代の時より意識するべき「くすみ」ケア方法

アラサーになると数年前に比べてお肌のコンディションが違う……と感じることはありませんか?「朝のメイク前なのにお肌が疲れている」「お肌の透明感が減ってきた気がする」「夕方になるとくすみが目立つ」などのお肌のくすみ。今回はお肌のくすみを招く原因と気をつけるべきことをエステティシャンである筆者がご紹介します。

(1)定期的な角質ケアを

日々クレンジングや洗顔をおこなっていても、メイク汚れや皮脂汚れ、外気汚れがお肌表面に残っていたり古い角質が溜まっていたりすることも。

日頃のクレンジングや洗顔はもちろんのこと、10日に一回ほどのペースで古い角質の除去パックなどを取り入れてリセットしましょう。古い角質を取り除くことでお肌表面が滑らかになり、くすみやザラつきなどもなくなり、肌触りが良くなったり、スキンケアの浸透が良くなったり、メイクノリがアップするのでオススメ。特に酵素パックやクレイマスクなどの塗って洗い流すタイプがオススメです。

 

(2)お風呂上がりすぐにスキンケア

お風呂から上がってしばらくしてからスキンケアをしているということはありませんか? 浴室の湿度によってお肌が潤ったように感じますが、一気に蒸発することでお肌が乾燥しやすい状態になります。お肌が乾燥するとくすみが目立ってしまうため、お風呂から上がったらすぐに化粧水、オイルを塗っておき、身支度をしましょう。

 

(3)昔からスキンケアが同じはNG!

昔からスキンケアの種類がずっと同じ、付け方も同じ……ということはありませんか? 年齢や季節の変化によってお肌のコンディションも変動します。年齢とともに起きるお肌のお悩みや、季節ごとに感じるお肌の変化に合わせたスキンケアを取り入れるようにしましょう。乾燥や小ジワが気になると感じたら保湿のもの、くすみやシミ予備軍が気になる場合は美白のものなどの美容成分が入った美容液やクリームなどに合わせましょう。

 

(4)疲れやストレス、睡眠不足は溜めないこと

日頃の生活の中で疲れやストレスはつきものですが、常に疲労やストレスを溜め込むと血液循環が悪くなる原因にも。ほどよく休憩を入れたり、リラックスして体と脳を休めることや気分転換を取り入れるようにしましょう。睡眠不足も体と脳の休息にも必要です。質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

(5)バランスのとれた食生活、お野菜やフルーツを取り入れよう

ビタミンやミネラルが多く含まれている、野菜やフルーツを中心とした食事メニューを取り入れるように意識しましょう。食事によって細胞は作られているので、スキンケアだけを良いものにするのではなく、取り入れるものの見直しも必要。

 

このようにお肌のコンディションのサインでもある“くすみ”を作らない肌にするために、日々スキンケアや紫外線対策ももちろんのこと、食生活や睡眠などの内側と外側の意識が大切です。年齢とともに現れるあらゆるサインを見逃さずに日々のスキンケアや生活習慣を見直してみましょう。

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる