専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 週末まであと少し、週の真ん中に疲れをリセットするポーズ

週末まであと少し、週の真ん中に疲れをリセットするポーズ

週の半ば、だんだん体が疲れてきて、仕事中や仕事終わりに「疲れた〜」なんて独り言がついつい口から出てしまいます。週末まであと少しの集中力を保つため、週前半の疲れをここでリセットしておきましょう。

ヨガインストラクターである筆者が、週の真ん中に取り入れたいストレッチをご紹介します。

 

■歩く足取りが重たくなるのをスッキリさせよう

週の真ん中あたりは、筆者のヨガクラスにも仕事の疲れを癒したい生徒さんが集中します。ハードに体を動かすよりも、ゆっくりストレッチをして体を伸ばし、溜め込んだ疲れをリセットしたくなるのです。

週の真ん中は、仕事終わりの夜、入浴後や就寝前に体の前面を伸ばしましょう。ゼスクワークが続き前のめりになった体をリセットします。また仕事で履き続けたパンプスの歩き疲れで、崩れてしまった姿勢をリセットしていきましょう。

 

■太ももの前面を伸ばして重だるい体をスッキリさせよう

(1)仰向けの姿勢から、左ひざを曲げ、足先をお尻に引き寄せ足首を左手でつかみます。

(2)左膝を足先方向へ下ろし、太ももの前面を伸ばしましょう。

(3)膝が床につかない場合は、太もも前面の伸びが感じられる位置まで下ろせばOK。無理に下ろして腰が仰け反ると、腰を痛める場合があるので注意しましょう。

(4)30秒程度キープします。

(5)余裕のある方は、両腕を頭上に上げて下ろし、腕を脱力させます。

(6)反対側も同様に行いましょう。

いかがでしたか? 太ももの前側は、普段の生活ではなかなか伸ばせない部分なので、姿勢の悪さや、パンプスの履きすぎですぐにパンパンに張ってしまう部分です。太ももの前側が張ると、姿勢が崩れやすく疲れも出やすいので、ここを伸ばすだけでリセットされ、とても楽になりますよ。週の真ん中には、ゆっくり脚ケアをしましょう。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる