専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 夏バテしたくない!暑さで起こるイライラストレスを整えるウシュトラアーサナ

夏バテしたくない!暑さで起こるイライラストレスを整えるウシュトラアーサナ

関東地方は梅雨が明けました。連日30度越えが続く暑さの中、体調は気力は大丈夫ですか?暑さが続くと、体力を消耗し、精神的にもイライラとストレスが溜まります。そんな時は体力作りと同時に、気持ちのコントロールも大切にしたいところ。

そこでヨガインストラクターである筆者が、夏本番になる前に夏バテ予防のヨガポーズをご紹介します。

 

■体を後屈させ、背骨を刺激する

ヨガで行う後屈系のポーズは、背骨をしっかりと刺激することにより副交感神経を優位にし、自律神経を整えると言われています。猫背気味な姿勢を改善し、姿勢を整えることによって、呼吸が深くなり精神を整えたい時に行います。

 

■「ウシュトラ・アーサナ」イージーバージョン

(1)膝立ちの姿勢になります。脚は腰幅に開きます。

(2)両手をお尻と腰の間におきましょう。指を下にして、お尻のカーブに手のひらがそうように当てます。

(3)息を吸いながらお尻を前方に押し出し、お腹、胸を伸ばすように体を反らしていきます。

(4)この時、腰から体を反らすと腰を痛める可能性があります。お腹全体が伸ばされるように、お尻から押し出していきましょう。

(5)余裕があれば、頭の重みを利用して、さらに体を反らし頭を後方へ下ろしていき、背後を見るようにしましょう。

(6)体の前面に壁があるようなイメージで、太ももを壁に押し当てるようにしてポーズを整えます。

(7)5〜10呼吸ほどキープし、お腹に力を入れて上体を戻しましょう。

 

いかがでしたか? 夏の暑さのだるさやイライラは、ウシュトラアーサナでケアしましょう。姿勢も整い、見た目にも涼しげで美しい姿勢を保つことができます。

【関連記事】

※ 疲れた人とは言わせない!話題の「アマニ油×にんにく」サプリで夏のお疲れモードからサヨナラ!PR 

※ 夏老けを撃退!今から必須の「#仕込み美容」ベスト5 PR 

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる