専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > 筋トレ > 【トレーナーが伝授!】胸のはみ肉改善!自宅で簡単タオルフライ

【トレーナーが伝授!】胸のはみ肉改善!自宅で簡単タオルフライ

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

ご家庭で出来る胸のトレーニングといえば、腕立て伏せがダントツに人気ですが、トレーニングを継続するためには、根気はもちろん、様々なバリエーションを覚えて飽きないようにすることがポイントです。

今回ご紹介するのは、腕立て伏せのバリエーションです。床に向かって身体を下ろすだけの動きではなく、腕を横に広げる動きが入ることで、バランスを維持するため胸以外にも効果が期待できます。

ぜひ取り組んでみてください!

 

胸のはみ肉改善に、自宅でかんたんタオルフライ

必要なスペースは、ご自身が横になれるほどの面積です。

写真ではスライド板を使用しておりますが、フェイスタオルなどを代用しても充分に効果を得ることができます。

まずは肩幅よりもやや広い状態で床上のスライド板、もしくはタオルに手を置きます。

肘は伸ばした状態で準備をします。

頭から足まで、体全体が一直線になるように、体幹に力を入れましょう。

開いた手を滑らせながら閉じます。

この一連の動きを繰り返します。

鍛えられる場所は、大胸筋、肩、腕です。

フォームをしっかりと保つことにより背中にも効いてきます。

最初はゆっくり、丁寧に練習をしてみましょう。慣れてきたら、スムーズな動きで連続して行えるように練習し、まずは5回出来るように取り組んでみてください。

それが問題ないようでしたら10回を目指してみましょう。

背中が動かないよう、お腹に力を入れたまま動作を繰り返します。

効きが弱い方や、もう少し負荷が強くても大丈夫という場合は、開いたときにそのまま肘を曲げ、床に向かって身体を近づけ、より腕立て伏せに近い状態を作ってみましょう。

大胸筋が引き延ばされる状態が作られるので、よりハッキリと胸への効果を感じられます。

さらに高強度にチャレンジしたい場合には、床から膝を離し、爪先立ちを試してみてください。

この際、膝をしっかり伸ばした状態を維持しましょう。お尻と脚の引き締め効果も期待できますよ!

もし痛みや違和感を感じる場合には、負荷や回数を調整してください。

また解決が難しい場合には、運動を中止してください。

ご自分の出来る範囲で、ぜひ取り組んでみてくださいね!

伊藤晃一
パーソナルトレーナー
トレーナー歴14年、現在まで15000セッション、1500名以上の方々を指導。
俳優としても活動中。22歳の時にパーソナルトレーナー養成コースを受け同年デビュー初月から100本以上のセッションをこなす(友達から伝説だ!と言われました(笑))。
29歳の時に渡米、ニューヨークにて出張パーソナルを中心に歌手、起業家、翻訳家、デザイナーの方達を指導しながら、NewYorkFilmAcademy(俳優学校)にて演技について学び、英語を習得。
2009年帰国、自分のスキルを更に伸ばすためヨガ、ピラティス、マスターストレッチ、ファスティング(断食)資格を取得し“五感を満たせる快適な空間”でトレ ーニングを行ってもらいたいという思いから三軒茶屋にStudio Carpe Diem(カルペディエム)をオープン。“一生涯、自分の足で健康に歩き続けられるために”をコンセプトに、“運動の主治医”として“運動”、“食事”、“水”をお一人お一人に合わせてご提案しながら全国各地で活動中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる