専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > 食生活 > 暑い日でもこれなら!「レタス」を鮮やかに美味しく食べるには?

暑い日でもこれなら!「レタス」を鮮やかに美味しく食べるには?

食欲が低下する季節です。こう暑くては食事の際に箸が進みませんよね。ですが、「さっぱりしたものなら食べられる!」という人は多いでしょう。

そこで、今が旬の野菜“レタス”の出番です。

 

成分のほとんどが水分!

レタスは葉菜の中でも味にクセがなく、シャキシャキとした食感が楽しめるさっぱりとした野菜。なんとその成分の約95%が水分だというのです。つまり、栄養価が極めて高いわけではないのですが、食欲がない時でも食べやすさはピカイチだと言えるでしょう。

また、サラダにして生食をすることがほとんどなので、ビタミンB1やCの損失が少ないのは嬉しいポイントです。その他には、むくみの予防になるカリウム、腸内環境を整える食物繊維なども含まれています。

 

手でちぎると変色しにくい

そんなレタスですが、いざ食べようと思った時に褐色に変色していたら……。ますます食欲が落ちてしまうかもしれませんね。

変色を防ぐには、包丁を使わずに手でちぎることがポイント。包丁で切ると、レタスの細胞が不自然に切断され、裂けた細胞が空気に触れて変色します。味も落ちてしまうので、手でちぎって。

沸騰したお湯と同量の水をボウルに入れ、ちぎったレタスを2~3分浸してからざるにあげて水気を切ると、変色しにくくなりますよ。ただし、ビタミンB1、Cの損失のリスクはあります。

 

購入時は逆さまにしてチェック

美味しいレタスの特徴は下記のとおり。

・株の切り口が白いもの

・持った時にある程度の軽さがあるもの

・巻きがゆるく柔らかいもの

購入時は逆さまにしてチェックすることをお忘れなく。

 

もし、丸ごと購入したレタスを使い切れずに保存するのなら、芯を手でもぎるようにくり抜き、水気を含ませたキッチンペーパーで包んでから冷蔵庫の野菜室へ。2~3日中に使い切ってくださいね。

 

【関連記事】

※ 疲れた人とは言わせない!話題の「アマニ油×にんにく」サプリで夏のお疲れモードからサヨナラ!PR 

※ 夏老けを撃退!今から必須の「#仕込み美容」ベスト5 PR 

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる