専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > キレイな人が「当たり前にやっている」インナーケアとは

キレイな人が「当たり前にやっている」インナーケアとは

周りから「雰囲気も美人だな」「いつもキレイ」と言われる女性は、メイクやファッションの外見の美だけではなく、内面の美に対しても日々心がけていることが多いと感じます。今回はエステティシャンである筆者が美意識の高い女性が心がけていることをご紹介します。

 

徹底的に「冷やさない」!

冷えは女性にとって大敵と言われ、冷え性は血行不良やむくみ、ホルモンバランスの乱れや肌調子などを引き起こします。

今の暑い季節は、つい冷たい飲み物や食べ物を摂ってしまいがちです。インナーケアに気をつけている方は、常温の水を飲んでいることが多いです。

冷たい飲み物や食べ物は内臓が一気に冷え、さらにクーラーに当たりっぱなしでは体の芯まで冷えてしまいます。夏の冷えのダメージは冬の冷えにも繋がりやすくなるので、年間を通して冷え対策や冷え予防は心がけましょう。

クーラーの効いたオフィスや部屋に長時間いる場合はブランケットを足元や肩にかけたり、靴下で冷やさないようにしたり、温かい飲み物や食事を摂るようにしたりすること。

帰宅したらゆっくりと入浴によってからだを温めながらマッサージやストレッチをしたり、足の指を開くなど足先のケアも取り入れると良いでしょう。

また常温のお水を1日1.5ℓ~2ℓ程度飲むことで、不要になった老廃物を排泄する手助けにもなり、体内に不要な老廃物を溜め込みにくくする体にすることができます。

 

「ちょっと」でも動く!意識付け

インナーケアが当たり前になってくると、例えば駅では自然に階段を使ったり、食器洗い中に爪先立ちをしていたり、「ちょっと」でも筋肉を動かすことが意識付けされるようです。

その他にも普段の歩き方や姿勢に注意して、体幹を意識すると、日常生活で鍛えることができますよ。

最初は大変ですが、習慣になるまで続けましょう。

 

自身の生活習慣や意識の持ち方で、数ヶ月数年後の見た目が大きく変わるかも? メイクやファッションだけで飾らない、インナービューティーもぜひ意識してみてくださいね。

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる