専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > トレンドフード > 楊貴妃のような美しさに?雑穀ビギナーはまず「黒米」を試してみて

楊貴妃のような美しさに?雑穀ビギナーはまず「黒米」を試してみて

雑穀ご飯が美容・健康に良いと言われているのはみなさんご存じでしょう。だけど、「種類が豊富すぎて何を取り入れたら良いのかわからない」「雑穀ご飯らしい見栄えがする雑穀は?」など、疑問点があることから実際に取り入れるまでには至っていない人も。

そこで今回は、雑穀マイスターの資格を持つ筆者が愛食するある雑穀を紹介したいと思います。

かの有名な世界三大美女も食していた美容系雑穀なので、美しくなりたい女性は必見ですよ。

 

世界三大美女・楊貴妃も食べていた黒米

黒米は中国が原産。玄米の色が黒色でぬか(果皮・種皮)の部分に紫黒色系色素を含んでいます。それを五分づきにすると米が紫色になるため、「黒米」「紫黒米」と呼ばれているのです。白米に混ぜて炊くと鮮やかな紫色になるため、見た目にも健康に良さそうな主食となるでしょう。

また、この黒米は縁起の良い出来米として宮廷献上米となり、さらには美容・健康食として珍重され、世界三大美女のひとり楊貴妃も美容食として愛食していたと伝えられています。

 

黒米でキレイになれる理由

黒米の代表的な栄養成分は、黒色の色素アントシアニン。強い抗酸化作用が認められているポリフェノールの一種で、体内の酸化を抑制することからアンチエイジングや生活習慣病の予防などに効果が期待されています。そして、ビタミンB2。皮膚や粘膜の健康維持を助け、ニキビ・吹き出物・口内炎を予防する美容ビタミンです。

他にもビタミンB1やタンパク質、ミネラルを豊富に含み、中国では滋養強壮・体質の改善に役立つ薬膳料理に古くから使われてきました。

取り入れ方も簡単で、白米2合に対して黒米は大さじ1杯。通常の水量よりやや多めに水を足して炊飯するだけです(炊きあがりの好みの柔らかさに合わせて水量を変えてみてください)。

もし、黒米の硬さが気になるようであれば、炊飯する前に30分~1時間ほど浸水させておくと良いでしょう。

 

美女が愛食していた雑穀で、美しさに磨きをかけちゃいませんか?

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる