専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 恋愛・結婚 > 【大人の恋の処方箋】友達から恋人に発展させるきっかけ作り

【大人の恋の処方箋】友達から恋人に発展させるきっかけ作り

「彼とは、友達みたいな感じでたまに食事に行ったりしています。
ただ、そこから発展がないんですよね。
私は、付き合ってもいいかなって思っているんですが……」(28歳女性 学芸員)

好きな人が友達で、できれば恋人に発展させたいという場合もあるでしょう。友達から恋人へ発展させたい場合、次に挙げる3つのことを順番に行っていくことが大切になります。

 

1.ギャップ

「怖いと思ったら、案外優しい」など、人から思われている自分と正反対の性格を見せることも、ギャップという魅力に繋がります。

ここで注意するべきことは、マイナスのギャップを見せないこと。
「怖いと思ったけど、優しい」
は、プラスのギャップですが、その逆はマイナスですよね。

あなたが優しそうに見える場合は、優しさを維持して次の方法を実践した方がいいでしょう。

2.居心地の良さ

「この人には、カッコつけないで弱い自分も見せられるな……」と相手が思えるかどうかですね。
何でも、話を聞いて共感してあげることが大切です。

簡単そうですが、自分の価値観と異なる話題をバッサリ切ってしまう女性は意外と多いもの。
あなたが優しそうに見えるなら、この方法を徹底した方がいいでしょう。

3.積極的なアプローチ

これを使う前に、お互いの恋愛の話を軽くしておきます。そして

「〇〇さんみたいな人が彼氏(彼女)だったらよかったのに……」

この一言は「あなたを意識している」という強烈なアピールになります。
何度も使うとしつこくなりますが、相手があなたに心を開いてきていると思ったら必殺技のように使うのがいいでしょう。

これらを実行しても、恋人に発展しないケースもあります。
そういう場合は、相手が恋愛モードでなかったり、恋人がいるなど、タイミングが悪いことが原因ですから、傷ついたりしなくてもいいんですよ!

それから、友達から恋人に発展した時にありがちな悩みの1つに
「友達モードから抜け出せず、恋人っぽくできない」
というのがあります。

最初はお互いに「恋人ごっこ」を楽しむことからスタートするのがいいですよ。

「やっぱり恋人なんだから、手をつないで歩かないとね!」
「恋人なんだから、夜景の見えるレストランには一度行っとかないといけないんじゃないかな~」

という感じです。

手をつないで街を歩いて、
「私たちって、周りから見るとやっぱり恋人同士に見えるのかね?」
「当たり前じゃないの!付き合ってるんだから」
半分冗談、半分本気モードで、恋人っぽいことを楽しむというわけ。

こんな段階も、お相手と一緒に楽しめるといいですね!

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表
恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる