専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > ダイエット > お盆休みの帰省で「食欲モンスター」になってしまったときの対策4つ

お盆休みの帰省で「食欲モンスター」になってしまったときの対策4つ

お盆休みに実家に帰省した人は多いでしょう。久しぶりに実家に帰ると、家族がたくさんの手料理を作ってくれたり、外食に行く機会が増えたり、食べる量や機会がグンと増えます。

そして、帰省中だけでなく、お盆休みが明けてからも食欲が落ち着かず、“食欲モンスター”になってしまう人も。

では、一度増えてしまった食欲はどうしたら落ち着けることができるのでしょうか。

 

1:水を飲む

食べたい気持ちが湧き上がってきたら、水を1杯飲んでみてください。これは、喉の渇きが空腹と勘違いされている可能性があるからです。

まずは水を飲んでみて、少し時間をおいてから「本当にお腹が空いているのか」を見極めてみて。

 

2:温野菜を取り入れる

いざ食べ始めると、火がついたように食べ過ぎてしまう人は、最初に温野菜を食べるようにしましょう。それも、大きめにカットして硬めに茹でた野菜がオススメです。

しっかりと噛むことで満足感が得られるうえに、野菜の食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにして内臓脂肪を蓄えにくくしてくれます。

 

3:無理に食事の量・回数を減らさない

食べ癖がついてしまうと、「食べ過ぎてしまった」という罪悪感から食事の量・回数を極端に減らす人がいますが、これはあまりオススメではありません。空腹時間が長くなるとドカ食いの引き金になるリスクが上がるからです。

ますます食事のサイクルが乱れてしまうので、3食しっかり摂るようにしましょう。食事をきちんと摂れば、間食を減らすことにもつながります。

 

4:体を動かす

これは筆者もよくおこなうこと。食べたい気持ちが猛烈に湧き上がってくるときって、比較的空き時間であることが多くありませんか? そんなときは思い切って体を動かし、「食べたい!」という思考を切り離します。

運動は、その場でスクワットをしたり、腹筋をしたり、ウォーキングをしたりしても良いでしょう。ちょっとハードな運動をすると、食べることを考える余裕もなくなりますよ。体力がある人はぜひ試してみてください。

 

“食欲モンスター”という言葉にドキッとした人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる