専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 「時間がない」ってそれ本当?明日からやめたい朝の無駄時間3つ

「時間がない」ってそれ本当?明日からやめたい朝の無駄時間3つ

朝、起きてから家を出るまでバタバタと慌ただしく過ごしていませんか? 朝の過ごし方は、その日1日の体調・精神状態を左右するといっても過言ではないくらいとても大事。

今回は6年間航空会社勤務をし、今もなお朝型生活を続けるヨガインストラクターの筆者が、朝時間に余裕を持つために気を付けているポイントを紹介したいと思います。

 

1:ベッドの中でのスマートフォン操作をやめる

朝、携帯電話のアラームを止めた後、そのままSNSやニュースサイトをチェックしていませんか? この習慣もぜひ改めていただきたい項目のひとつ。

ニュースならまだしも、SNSの閲覧は必ずしなくてはいけないことではありませんよね。

起床後、ベッドでゴロゴロしていると、なかなか次の行動に移れません。サクッとベッドを出るためにも、SNSのチェックは1日の中でも朝以外の空き時間にするようにしましょう。

 

2:何を着るか迷わないようにする

洋服を決めるのって、結構時間がかかりませんか? さらには、その洋服に合わせたインナーや小物、バッグ、メイクまでも納得のいくように仕上げるのは本当にひと苦労。

ですが、翌日のスケジュールは、前日夜には決まっていることがほとんどですよね? ということは、夜のうちに準備ができるはずです。

 

3:朝食の準備も夜のうちに

朝食は、朝のエネルギーが空っぽな体を活動モードに切り替えるために少しでも摂ってもらいたいです。ですが、朝からキッチンに立つのが面倒だったり、その時間を身支度にあてたかったりもします。

そんなみなさんは、朝食に何を食べるかあらかじめ決めておき、夜のうちに仕込んでおくと楽ですよ。

例えば、筆者はおにぎりをにぎって冷凍もしくは冷蔵庫に。出汁と味噌、具材を混ぜて丸めたものを冷蔵庫に用意しておきます。おにぎりは解凍し、丸めた味噌はお湯を注いで味噌汁にと、簡単に朝食の用意ができます。

 

朝はちょっとした工夫でゆとりを作ることができます。バタバタすると、朝から体力を消耗したり、洋服がチグハグになってテンションが下がったり、排便の時間を持てなかったり……、良いことはありませんよね。

ぜひ参考にしてみてください。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる