専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 季節の不調 > 温かみ・穏やかさがマッチ!「秋の気分」を高めてくれる香りとは

温かみ・穏やかさがマッチ!「秋の気分」を高めてくれる香りとは

秋の気配を感じるようになってきました。秋は、紅葉やお月見、虫の声など風情を楽しむ季節。日本の古き良き文化に触れる穏やかで上品な季節でもあります。なんだか物思いにふけりたくなりますよね。

そんな秋の気分をより高めるには、次のような香りが一役買ってくれるでしょう。

 

温かみのある香りの出番

秋は気温の低下だけでなく、静寂を楽しむ、物思いにふけるなど気持ちの面での温度の低下も感じるようになります。それゆえ、温かみを感じさせる穏やかな香りがマッチ。

心身ともにほっこりとするような、リラックス感を得られる下記の香りを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

秋に適した香り

(1)落ち着き・・・ホーウッド(ウッド系の香り)

ホーウッドは、フローラルの柔らかな香りの中に、ウッディーな木の落ち着きを持った香りが感じらる秋に適した香り。さまざまなエッセンシャルオイルとの相性がよく、クラシックでエレガントといった言葉がよく合います。

同じウッド系の香りでも、西洋的なイメージが好きな人はホーウッド、和の雰囲気が好きな人には、どこか懐かしく安心感を与えてくれるヒノキの香りがオススメです。

(2)華やかさ・・・ゼラニウム(フローラル系)

甘さのある華やかで女性らしい香りも秋にはよく合います。ゼラニウムは、ローズを彷彿とさせるグリーンフローラルの香り。ロマンティックな雰囲気の空間によく合いますが、葉から抽出しているのでグリーンの印象も持つ適度な甘さが魅力です。

抗ストレスや精神安定といった働きや、ホルモン分泌調整といった働きを持つ心身のバランスを整えるのに効果的な香りです。

もっと甘さが欲しい人は、同じローズ系の香りのローズ・アブソリュートも試してみて。

(3)静けさ・・・ジュニパーベリー(ウッド系)

秋の静けさを楽しみたいのなら、ジュニパーベリーがオススメ。静か、洗練、浄化のイメージを持つこの香りは、雰囲気で言うとモダン、カラーで言うとブルー、パープル、カーキ。

夏の疲れを癒す効果にも期待される香りです。

 

香りがあるのとないのとでは、空間の印象はもちろん気分もまったく変わってきます。エッセンシャルオイルはブレンドして使用してもよいので、上記のもの以外でもいろいろと試してみてお気に入りを見つけてくださいね。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる