専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > カワイイのに老けて見える・・・アラサー世代が取り入れるべき3パーツのお手入れ法

カワイイのに老けて見える・・・アラサー世代が取り入れるべき3パーツのお手入れ法

メイクやファッション、ヘアスタイルにも気を使っていてとてもカワイイ人なのに、「なんだか年齢よりも老けて見える」。そんな人、みなさんの周りにもいませんか?

それ、意外と人から見られている3つのパーツのお手入れ不足によるものかもしれません。気になるそのパーツとは?

 

1:手の甲

手の甲は視界に入りやすいパーツ。自分だけでなく、他人からもです。そして、見られやすいだけではなく、一年中紫外線を浴びやすいパーツであるため、うっすらと薄茶色のシミが浮き出してきている人も いるのでは? 手の甲にシミがあると、年齢がグンと上に見えてしまうので、お手入れをしっかりしておきたいところです。

日焼け止めは夏以外の季節でも塗ること、屋外で長時間過ごすときはアームカバーをすることも対策としてオススメです。加えて、美白に良いとされる成分が配合されたハンドクリームも使用してみてください。

 

2:首

首のシワは、年齢を判断する材料とされることが多いですよね。原因は、加齢による皮膚のたるみや乾燥、姿勢の悪さ(下向きの姿勢・枕が高すぎる)によって肌にシワが形状記憶されてしまうことなどが挙げられます。

保湿をしっかりとすること、首の高さにあった枕を使用することに加え、姿勢を正す習慣を身に付けましょう。

パソコン作業などで下向きの姿勢が続く人は、合間に頭をうしろに倒して目線を天井に向けて過ごす時間を設けてみて。周囲に人がいなければ、舌を突き出して左右に動かしてみても良いでしょう。

 

3:目の下の影

スマートフォンの長時間使用によって目の下にたるみができ、それが影になって黒っぽく見えている人が多いです。年齢に関係なく……。これは、画面に集中することでまばたきの回数が減り、目の周りの表情筋が衰えたり、血流が悪くなったりするのが原因のひとつ。

たるみや影はコンシーラーでは隠し切れません。黒目を8の字に動かして眼輪筋のエクササイズをするのも良いですし、可能であればスマートフォンの使用時間をわずかでも減らしていければなお良いでしょう。

 

「若々しさ」は、女性の永遠のテーマです。外見に変化が現れるアラサー世代だけではなく、「まだ20代だから大丈夫」だと思っている人たちも、早いうちからお手入れを始めるに越したことはありませんよ。

高木沙織
ビューティーフードアドバイザー
“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる