専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > ボトムスのサイズをダウン!小尻を作る簡単バランスポーズ

ボトムスのサイズをダウン!小尻を作る簡単バランスポーズ

ウエストはMサイズなのに、お尻で引っかかるからLサイズしか履けない。お尻が大きくて太って見える。そんな悩みを持つ女性の気持ち、わかります。そこでヨガインストラクターのyuukaが、小尻を作るのに最適なバランスポーズをご紹介します。楽しみながら行ってみましょう。

 

小尻にしたいのに、ボリュームアップの失敗

お尻を小さくしたいのに、エクササイズをしていたら確かにお尻は引き上がったけれど、大きくなってしまって余計に悩みが増えたり、エクササイズをやめてしまった経験のある方は、お尻の鍛え方が違うのかもしれません。

ボリュームアップや、太ももとの境目を作ること、小尻にすることは別々のアプローチが必要なのです。小尻を作る時はボリュームアップよりも幅を小さくすること。お尻の上部から両サイドに刺激を入れていきましょう。

 

小尻を作るバランスポーズ

(1)膝立ちで立ち、右脚を真横に伸ばして下ろしましょう。

(2)左手を左ひざの横、少し遠くへ下ろします(肩の真下あたりが目安です)。

(3)上半身と下半身のラインを揃えるように、お尻を前へ押し出して、上半身が傾かないように調整します。

(4)息を吸いながら右脚を持ち上げて、可能であれば右腕を天井方向へ伸ばします。

(6)5カウントほどキープしたら、右脚を床に下ろし、再び持ち上げます。

(7)3〜5セット行い、反対側も同じように行いましょう。

 

お尻の筋肉が少しずつだるくなったらOKです。ポイントは、上半身と下半身のラインを揃えること。支えている脚の膝から脚の付け根までが、まっすぐになっているか確認しましょう。

脚の付け根が曲がっていると、上半身が傾きます。ポジションが大切なので、確認しながら楽しんで行ってみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる