専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > 筋トレ > 【トレーナーが伝授!】ダブルレッグストレッチでヒップアップしながら猫背もケア!

【トレーナーが伝授!】ダブルレッグストレッチでヒップアップしながら猫背もケア!

リカバリートレーナーの伊藤晃一です。

鏡を見て、もう少し姿勢が良ければスッキリ、ほっそり見えるだろうなあと思ったことはありませんか?

その都度、背筋をスッと伸ばしてみるのも大切なことですが、どの角度から、どのタイミングから見ても「ステキ! 」と思われる美姿勢は、日々のエクササイズから作られます。今回は、背筋をスッと伸ばすストレッチを紹介いたします。

ぜひ試してみてくださいね。

あなたの身体のタイプは?

ストレッチを始める前に、ご自分の姿勢をチェックしてみましょう。チェックは、だれかに見てもらうか、おひとりで行う場合は鏡を見ながら、行ってください。

チェックのポイントがいくつかあります。

耳たぶの真ん中、肩の位置、骨盤のやや後ろ、くるぶしが、直線上にあるか、確認をしてみてください。

首の後ろ、腰の後ろには緩やかなカーブがあることが、理想的な姿勢です。

日常から、自然にこの姿勢になっていることが目標です。

 

姿勢チェック

下の画像は、頭の位置が前方に移動している状態です。

耳の位置と肩の位置を直線で結んでみると分かりやすいですね。首や肩周辺に、負担がかかりやすい状態になっています。

下の画像は、腰のカーブが強く出ています。

骨盤の前傾が強く、出っ尻になっています。このようは姿勢では、腰に負担がかかりやすく、また太ももの前を感じやすい状態となります。

下の画像は、骨盤と背中が後ろに傾いており、腰が突き出た状態の猫背の姿勢で、比較的男性に多く見られます。

上体が骨盤の上に乗っていないため、腰への負担と、筋力低下など、全身の機能の低下が起こりやすい姿勢です。

それでは、理想的な姿勢を作るために、柔軟性や筋力にアプローチし、美しい姿勢を手に入れましょう!

ストレッチでシェイプアップ&ヒップアップ!

前方の足の膝を曲げて、反対側の足は後ろにまっすぐ伸ばして座ります。手を床につき、身体を支えながら行います。足を伸ばすことが難しい方は、少し曲がっていても問題ありません。

背筋をまっすぐ伸ばしましょう。過剰に腰の反りが出ないようにお腹に力をいれ、背筋の力で上体を起こせるようにしてみてください。前方の足はお尻から太ももにかけて伸ばされ、後方の足は股関節の前方が伸ばされていることを確認してください。

この状態で、呼吸を続けながら90秒伸ばし、終わったらゆっくりと反対側のストレッチを行います。

この姿勢が楽に出来る場合には、支えている手に力が入りすぎないように意識をしながら行います。下半身はしっかりと伸ばし、上半身は背筋に力を込めます。

より出来る方は、肩甲骨がしっかりと寄るようにしてみてください。頭が上に引っ張られるようなイメージを作り、上半身の姿勢をキープします。

もし、これらの動きについて、膝を緩めた角度で行っても難しさを感じる場合には、ストレッチの時間を短くしたり、または中止をするなど無理をせずにご自分の出来る範囲で取り組んでみてくださいね。

背面の筋肉にアプローチすることは、バランスのとれた美しい姿勢作りに効果的です!

ぜひ試してみてください。

伊藤晃一
パーソナルトレーナー
トレーナー歴14年、現在まで15000セッション、1500名以上の方々を指導。
俳優としても活動中。22歳の時にパーソナルトレーナー養成コースを受け同年デビュー初月から100本以上のセッションをこなす(友達から伝説だ!と言われました(笑))。
29歳の時に渡米、ニューヨークにて出張パーソナルを中心に歌手、起業家、翻訳家、デザイナーの方達を指導しながら、NewYorkFilmAcademy(俳優学校)にて演技について学び、英語を習得。
2009年帰国、自分のスキルを更に伸ばすためヨガ、ピラティス、マスターストレッチ、ファスティング(断食)資格を取得し“五感を満たせる快適な空間”でトレ ーニングを行ってもらいたいという思いから三軒茶屋にStudio Carpe Diem(カルペディエム)をオープン。“一生涯、自分の足で健康に歩き続けられるために”をコンセプトに、“運動の主治医”として“運動”、“食事”、“水”をお一人お一人に合わせてご提案しながら全国各地で活動中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる