専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 外もものハリ・太ももの付け根のもったり感!いますぐケアしたい脚ストレッチ

外もものハリ・太ももの付け根のもったり感!いますぐケアしたい脚ストレッチ

下半身のスタイルに自信がありますか? 鏡を見て、横から見ればすっきりした太ももに見えるのに、前から見るとゴツく見える、太さが目立つ。角度によってがっかり感が増す方は、太ももの外側のハリが目立っているかも?

太ももの筋肉の使い方のクセは、下半身の太さに影響大! ヨガインストラクターである筆者が、太ももの外側のハリにアプローチするストレッチをご紹介します。

 

内もも使えていますか?

下半身が気になる女性は多いですよね。細くしたくて筋トレをすると、余計にゴツくなってしまいがち。太ももの外側が気になる時は、歩くとき、立つときなどに太ももの外側ばかりを使って支える癖が付いている可能性が。

そのせいで、太ももの内側やお尻部分の筋肉を効果的に使うことができず、外側ばかりが目立つ脚に……。まずは太ももの外側のハリをストレッチで取り除き、太ももの内側やお尻周りなど、優位に使いたい部分が使いやすくなる脚のバランスを作りましょう。

 

太ももの外側ストレッチ

(1)床に座ります。両膝を曲げ、左脚は横へ倒し、右足のかかとを左手で掴みましょう。

(2)右脚をお腹の方へ引き寄せてから、無理のない範囲で右ひざを左方向へ伸ばしていきます。

(3)太ももの外側のラインがストレッチされているか確かめましょう。

(4)腰が丸まらないように注意しながら、お腹を上に引き上げます。

(5)右腕を右方向へ旋回させながら、上半身を捻っていきます。

(6)気持ちの良いところまで捻りましょう。この時両方のお尻は床についたまま、体を安定させます。

(7)5呼吸程度キープしましょう。終えたら反対側も同様に行います。

 

いかがでしたか? 太ももの張りが強いと、最初は膝が伸びにくいですが、その場合は、ベルトやタオルなどを足の裏に引っ掛けて補助してみましょう。太ももの張りが取れると、歩きやすさや立ちやすさなど変化が出てきますので、試してみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる