専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 【プロが教えます】黒木メイサに続け!一重まぶたに「似合わない」逆効果メイク3つ

【プロが教えます】黒木メイサに続け!一重まぶたに「似合わない」逆効果メイク3つ

雑誌に載っているメイク記事は“パッチリ二重用”のメイクばかり……と諦めてはいませんか? 一重まぶたにコンプレックスを持つ必要はありません。今や一児の母で女優の黒木メイサさんやりょうさん、吉高由里子さんも一重まぶたですが、クールな美しさのなかに女性らしいキュートな部分がかえって映えて、ステキですよね!

しかし、一重まぶたならではの“似合わないメイク”が結構あるのも事実。二重まぶたの人にオススメのメイクをそのまましていたら魅力半減です。そこで、メイクアップアーティストの黒木絵里が一重まぶたさんのNGメイク法3つをご説明します。

 

NGメイク法1:ホワイト・ピンクなどのアイシャドウ単品使用

一重まぶたは、腫れぼったく見えがち。そこに、ホワイトやピンクなどの膨張色をたくさん使用してしまうことで、まぶたの腫れぼったさを強調してしまうことも。

こういった膨張色を使用する場合は、広範囲に入れずに黒目上を除いた、目を開けたときにチラリと見える範囲にとどめましょう。そして、引き締め色のダークなカラーとセットで使うことを忘れずに!

 

NGメイク法2:「どうせ見えない」とアイラインは引かない

アイラインを引いても「目を開けたときに隠れてしまうから引く意味がない」なんて思っている人、そんなことはありません!

一重まぶたの人でも、アイラインは魅力的な目元を作るうえでとっても重要です! しかし一重まぶたは、まぶたがかぶさることでラインが滲みやすいため、使用するのはウォータープルーフタイプのアイライナーがオススメです。

まつげとまつげの間を埋めるように引き、目を開けたときに少しアイラインが見える程度まで太く引きます。「太く引くのはわざとらしくてイヤ!」という人は、太く引いたラインをダークブラウンのアイシャドウでぼかすことで、より自然なメイクに仕上がるでしょう。

 

NGメイク法3:目を大きくみせるため、ビューラーの多用

一重まぶたのメイク法で、しっかりとまつげを上げることは大切なこと。しかし、まつげを上げすぎて目を開いたときにまぶたに張り付いてしまっては、目元の立体感がゼロに……。一重まぶたのまつげは、どうしても下向きになりがち。まずは、根元からしっかりとビューラーでプレスして根元を立ち上げたら、まつげの中間や毛先は緩やかなCカールになる程度にとどめましょう。

ビューラーでカールがついたら、今度はホットビューラーの出番。根元にしっかりとホットビューラーをあてて、まつげの立ち上がりをキープします。そうすることで、ビューラーだけでは立ち上がりにくかったまつげもしっかりと根元から上げることができて、ナチュラルで魅力的な目元に!

 

意外ですが、日本人だけでいうと一重まぶたの人の割合は7割、二重まぶたの人は3割程度なんだとか! メディアでも、二重まぶたがよくフィーチャーされる印象かもしれませんが、二重まぶたでなければ魅力的ではない!なんて思ってしまっては損ですよ。

一重まぶたに似合うメイク法をおさえて、世界中に一重まぶたビューティーを伝えましょう!

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【関連記事】

※ 外出時の「マスク=保湿」は間違い!勘違いマスク美容していませんか?

※ 2015春は透明感、素肌感!プロが選ぶ「美人度アップ」しまくりリップ3選

※ 半身浴なんて時代遅れ!? キレイな人の新常識「HSP入浴法」って?

※ うる肌美人はこうしてた!意外と知られていない「美容オイル」裏ワザ4つ

※ アレも老け顔の原因!? 「プリっプリ肌の人は食べないNGフード」5選

【参考】

※ 高須幹弥の美容整形講座 – 高須クリニック

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる