専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > 口臭や虫歯にもつながる「ドライマウス」対策にはガムを!

口臭や虫歯にもつながる「ドライマウス」対策にはガムを!

「ドライマウス」という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

ドライマウスは、加齢やストレスなど様々な要因があるのですが、放っておくと口臭や虫歯の原因になるそう。筆者は、この季節、市販の花粉薬を常用しているのですが、口の中の乾燥がとても気になります。

今回は、日本橋HALデンタル 歯科医師 雨宮あい先生に、ドライマウスと予防法についてお伺いしました。

 

■「ドライマウス」とは?

様々な理由から唾液の分泌量が減少することで口腔内が乾燥し、唾液の持つ自浄作用が低下してしまうことを「ドライマウス」と言います。これによって本来口腔内の唾液がもつ分解酵素が減少し、虫歯や口臭などの口腔トラブルのリスクが増加します。

ドライマウスになる原因のひとつに、加齢によって唾液腺の機能が低下することがあげられます。その他には、加齢に伴う口周りの筋力の低下(噛む力の低下)や、降圧剤や睡眠薬など常用薬剤が増えることによって起こる口渇感があげられます。

噛むことが唾液の分泌を促し、ドライマウスを予防することにつながるのですが、現代の女性は朝食を食べない、もしくはコーヒーやヨーグルトだけなど簡単に済ませている人が多く、これによって唾液の分泌が行われずドライマウスに繋がってしまうことも……。朝食からしっかりと咀嚼できるものを食べて1日をスタートさせることは、ドライマウス予防のためにもとてもおすすめです。

 

■「ドライマウス」の予防にはガムが手軽!

ドライマウスの対策として、日ごろから運動をして代謝を上げたり、たくさん咀嚼して唾液の分泌を促すことが大切です。また、ストレスや女性ホルモンの減少もドライマウスに繋がってしまいますので、ストレスを溜めないことも重要と言えます。

他にも、口渇を促進させるカフェインやたばこ、アルコールを控える、こまめな水分補給で口腔内の乾燥を防ぐ、鼻呼吸を心掛けるなども効果的です。

手軽にドライマウス対策のできるアイテムとして、ガムがオススメです。ガムを噛むことで唾液の分泌が促されますし、今はいろいろな有効成分が含まれるガムが登場しているので、一石二鳥になりますね。

日本橋HAL デンタルケア 歯科医師 雨宮あい先生

歯学博士
日本スポーツ歯科医学会会員
日本スポーツ歯科医学会認定マウスガードテクニカルインストラクター
 日本橋HALデンタルケア <http://www.haruta-dental.com/hal-dentalcare/index.html

 

■手軽にできるドライマウス対策&有効成分入りガム

・大人のリカルデント さわやかミント(モンデリーズ・ジャパン株式会社)

牛乳由来の成分、カルシウムとリン酸を含む「ACP」と乳タンパクからできた「CPP」の複合体である「CPP-ACP」を2倍※配合されており、歯の再石灰化を促進します。歯の再石灰化を促進します。

※モンデリーズ・ジャパン従来品(歯科医院専用品除く)との比較

価格:オープン価格

参考:http://www.recaldent-gum.com/

 

・ロッテ キシリトール ガム ライムミント(株式会社ロッテ)

食品初の、日本歯科医師会推奨商品です。歯の再石灰化を増強するキシリトール、フクロノリ抽出物、リン酸一水素カルシウムを配合しているので、ライムの爽やかなおいしさを楽しみながら、歯を丈夫で健康に保ちます。

価格:オープン価格

参考:https://www.lotte.co.jp/products/brand/xylitol/product.html

 

・キシリッシュガム アクアクール(株式会社明治)

のど元まで体感できる“清涼感”が特徴で、スッキリとした味わいのミント味。シュガーレスですので、虫歯も気にせず食べることができます。「W息キレイ成分」であるミントリーフとラッカーゼが配合されており、この2つの成分が口臭対策にも作用します。

価格:103円(税込)

参考:https://www.meiji.co.jp/sweets/candy_gum/xylish/

 

コンビニなどで手軽に購入できるガムにも、それぞれ特徴があります。自分にあったガムを噛むことで、ドライマウスの予防にもなるのは嬉しいですね!

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20~30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる