専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > ストレス臭でてない!? 秋冬こそニオイ対策が大切なワケとは

ストレス臭でてない!? 秋冬こそニオイ対策が大切なワケとは

出典: shutterstock

冬は外出時など、衣服の厚着をして動くことが多く、体中がムレやすくなる時期です。また、コートやセーター、ブーツなどは、洗う機会が少ないためニオイが残りやすいですよね。資生堂の調査によると、冬の汗の量は夏の約半分でも、汗の臭気レベルは同程度であることがわかりました。

臭気強度は夏も冬も変わらない、だからニオイ対策は秋冬も大切!

出典: 資生堂

資生堂によれば、気温の上昇や運動に伴って出る汗を「温熱性発汗」といい、緊張やストレスを感じたときに出る汗を「精神性発汗」といいますが、実はこの、「精神性発汗」については、体温が高い時にむしろ減ることも知られています。つまり、「精神性発汗」は、冬に多く出やすいのです。「精神性発汗」が生じるほど負荷が掛かっているときには、ストレス臭の元となる「皮膚ガス」も同時に多く発生していることが想定されます。

ストレスが臭うことを発見。その正体を解明

出典: 資生堂

資生堂は、皮膚表面から放出される気体「皮膚ガス」に着目。緊張というストレスが加わることで、特有の硫黄化合物系のニオイが皮膚ガスとして放出されることを確認するとともに、その2成分(STチオジメタンジメチルトリスルフィド dimethyltrisulfide, DMTS とアリルメルカプタン allylmercaptan, AM )であることをつきとめました。

これは性別や年齢に関係なく、面接、試験、プレゼンテーション、スピーチ、初対面の対話など心理的に心拍数が上がるような緊張・ストレス状況下で発生するとされ、いわゆる『ストレス臭』として2018年に資生堂が命名。

ストレスをより多く感じる冬、だからストレス臭対策は大切!
 

出典: 資生堂

冬は寒さや寒暖差による負荷に加え、年末の仕事や忘年会で忙殺され、生活のリズムや食生活が乱れがちになる時期などは、肉体的なストレスとともに精神的にもストレスがかかっています。このようなことからも、冬のストレス臭対策は大切といえるでしょう。

『ストレス臭』を軽減する方法

『ストレス臭』を軽減させるためには、何よりストレスそのものを低減させることが重要です。現在のストレス社会にあって、それは容易なことではありませんが、そのためにできることをいくつかご紹介します。資生堂が特定した『ストレス臭』の成分・「STチオジメタン」を直接的にターゲットとした製品はまだありません。

ストレスそのものを軽減する方法として、深呼吸する、運動する、家の掃除をする、ぼーっとする、手のひら・手の甲のツボを押すなどがあります。

出典: 資生堂

冬だからといって見落としがちなニオイケア。現代人にストレスはつきものです。ストレス解消をしつつ、ストレス臭ケアもはじめてみましょう!

 

【参考】

※ 手薄になりがちな秋冬の臭いケア…ストレス臭・汗臭の対策は!?- 株式会社資生堂

資生堂、緊張によるストレスで皮膚から特徴的なニオイが発生することを発見 ~ 2成分を特定し、対応技術を開発 ~

【画像】

※ shutterstock/Jason Stitt

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20~30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる