専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > 体重が変わってなくても体型は変わる! シルエットを変える下着の「選び方・つけ方」をプロが伝授

体重が変わってなくても体型は変わる! シルエットを変える下着の「選び方・つけ方」をプロが伝授

出典: shutterstock

ワコールが25~34歳の女性を対象に「からだのシルエット」に関する意識調査を実施。調査結果から、アンケートに回答した女性の全員が、20代前半と比べて「からだのシルエット」の変化を自覚しており、「バストのシルエット」が変わったと感じる女性も7割以上にのぼることがわかりました。

シルエットの変化は「下着で対策ができる!」とワコールのビューティアドバイザー・北原さんは語ります。今回は、調査結果と正しいブラの選び方、付け方をご紹介します。

バストのシルエットの変化に対して6割超が「対策をしたいが、できていない」

25~34歳というアラサー女性たちに「20代前半の頃と比べて、からだのシルエットに変化を感じますか?」と聞いたところ、59%が「とても感じる」、41%が「やや感じる」と回答し、全員が何らかのシルエットの変化を感じていることが明らかになりました。

また、半数以上(54%)は「体重は大きく変わっていないが、からだのシルエットは変化した」と回答。体重がキープできているにもかかわらず、からだのシルエットには変化が生じてしまった女性も少なくないと言えそうですね。

出典: shutterstock

「バストのシルエットが変わった」と感じる女性は 7 割以上

今回の調査で、「20代前半の頃と比べて、バストのシルエットやラインに変化を感じたことはありま すか?」と質問をしたところ、実に73%が「ある」と答えました。

「浴室で鏡を見たときに垂れた と感じる」(28歳)
「タイトな服を着たときにバストの位置が下がったように感じる」(33歳)
「仰向け に寝たときに重力に負けているのを感じる」(32歳)
「胸の開いている服を着ると、胸の上が痩せこけ て見栄えが悪い」(34歳)

など、日常のふとした瞬間にバストの変化を感じているようです。

「バストをきれいに保ちたいという気持ちはありますか?」と聞くと、98%と大多数の女性が「ある」 と回答。ただし、その一方で「バストの形ややわらかさについて不安がある」人も約 9 割(89%)にの ぼっています。多くの女性が、バストのシルエットをきれいに保ちたいという気持ちがありながらも、 現在のバストの状態に不安を感じているようです。 しかし、「バストのシルエットの変化に対して、現在何か対策をしていますか?」と聞いた質問では、「対策をしたいが、できていない」が 63%で最多になりました。

出典: ワコール

シルエットの変化は下着で対策ができる!? プロがポイントを伝授

株式会社ワコール
ビューティーアドバイザー
北原 三知世(きたはら みちよ)
出典: ワコール

ワコールのビューティーアドバイザー北原さんによると

「年齢を重ねたバストやシルエットの変化におすすめなのは、サイズと体型に合った下着選びです。補整力の高いブラジャーで、しっかりサポートして最大限にバストメイクすることもおすすめです。

ラクさを重視したい方は「補整力の高いノンワイヤーブラ」を選ぶとよいでしょう。ワイヤーがなく ても、しっかりバストを包みこんで持ち上げてくれるアイテムを選べばシルエットは美しく見えます。

自分に合った、補整力が高い下着をつけると、ニットやブラウスなど洋服を着たときのシルエットも 大きく変わります。いつもと同じコーディネイトでも、スタイルがよく見えておしゃれに着こなせると 思いますよ。」とのこと。

重要なのはサイズだけじゃない! タイプや悩みによっても変わる「適正なブラ」

その他にも北原さんは、「インターネットなどでの購入の際も、年にぜひ一度は、試着が可能で、できれば下着選びのアドバイザーがいるお店で相談して選ぶようにしましょう。」とアドバイスしています。

以前に測ったことがあるからといって現在も同じサイズかどうかはわからないですし、サイズをきちんと測るだけではなく、ご自身のバストのお悩みを伝えてビューティーアドバ イザーに選んでもらうのもおすすめだそう。

「バストは加齢などによって、形だけでなくやわらかさなども変化 します。サイズは変わらなくても、加齢や揺れなどで下垂したバストは、合うブラジャーの形が変わっ ていきます。」

シルエット対策におすすめのワコールのブラジャー『LUXE BEAUTE』。“着やせシルエット”、“谷間メイク”、“デコルテアップ”と、
なりたいシルエットに合わせた 3 タイプのブラジャーを軸に展開
出典: ワコール

■例えばバストの肉質がやわらかく、背中に肉が流れやすい人は、横に流れにくいホールド力の高いものを選ぶ

■バストボリュームがある方は、サポート力の高いしっかり 包みこむタイプや、すっきり見せるタイプがおすすめ

といったようにバス トのタイプやお悩みに合ったブラジャーを選ぶことが重要だそう。

】シルエット対策におすすめのワコールのブラジャー
ノンワイヤーでありながら美しいバストシルエットをつくる『SUHADA ONE』
出典: ワコール

店頭では、自分に合ったブラだけでなく、「正しい付け方」も教えてくれます。

自分のシルエットに変化を感じたら、下着店舗でのサイズ計測からバスト選びをはじめて、体型チェンジを目指すのもひとつの手と言えそうです。

【参考】

位置が下がった、重力に負ける…対策のカギは「下着」にアリ! シルエットを変える「選び方・つけ方」をプロが伝授 – 株式会社ワコール 広報・宣伝部

【画像】

※ shutterstock/otnaydur,Serhii Zavalny

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる