専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > ぽっこりお腹をすっきりさせながら姿勢美人になろう【レベル1】

ぽっこりお腹をすっきりさせながら姿勢美人になろう【レベル1】

まだまだ寒い日が続きますが、春に向けてのファッションも気になり始める時期です。洋服が薄手になるときになるのがボディラインや姿勢。冬の間に縮こまった姿勢のままではぽっこりお腹は引き締まりません。

ぽっこりお腹と姿勢を同時にケアするヨガポーズを試してみませんか?

猫背姿勢はぽっこりお腹をつくる

寒い季節は無意識に体を縮こめて丸まった姿勢を取ってしまいます。背中がまるまると同時に腰が丸まり骨盤が後傾した姿勢が定着します。同時にこの姿勢はぽっこりお腹ができやすい状態になります。ぽっこりお腹は下半身にも悪影響。春までにケアを始めてみましょう。

ぽっこりお腹と姿勢を同時にケア

(1)膝立ちの姿勢で、両手をお尻の上部にそえ、指先は下を向けましょう。

(2)肘を閉じて、肩甲骨同士を引き寄せます。

(3)息を吐きます。息を吸いながら、お腹を前方へ押し出していきます。頭から上半身をリードしながら、上半身を後方へ反らしていきます。

(4)腰から反らないようによく注意し、お腹を伸ばすようにしてポーズを整えましょう。

(5)息を吸うときは胸を広げ、吐くときはお腹から息を押し出すように心がけながら、5呼吸キープします。

(6)余裕のある人は、キープする前に、もう一段階ポーズを進めます。

(7)両手を片方ずつかかとに置きます。体をねじって踵を確認しながら安全に行います。

(8)両手を下ろしたら、お腹を前方に押し出すようにポーズを深めます。

出典: Woman Wellness Online

(9)上記で説明した呼吸を心がけながら5呼吸キープします。

(10)終えたら(7)のように片方ずつ手を外して体勢を戻すか、片手を床についてポーズを崩し、体を丸めながら起き上がりましょう。

いかがでしたか? みぞおちから下腹部までしっかりと伸ばして維持するポーズです。終えた後は姿勢も伸びやすくなっているはずです。ぽっこりお腹のケアに是非試してみてください。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる