専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > なんか太った?原因になる悪姿勢をリセットする「猫背編」

なんか太った?原因になる悪姿勢をリセットする「猫背編」

あれ? なんだか太った? ある日突然鏡の前で気づくお腹周りのぽっこり感や肩周りの丸み。その原因は体重の増加よりも姿勢の崩れが原因になっているかもしれません。特に猫背の人はお腹周りに脂肪がつきやすく、やせていてもお腹だけすっきりしない事も。

今回は、猫背の姿勢やお腹が気になりだした時にできるぽっこりお腹解消エクササイズをご紹介します。

 

縮んだお腹周りを整える

猫背の姿勢が定着すると、座っていても立っていても腰回りが丸まって骨盤が後傾した姿勢になります。この姿勢でいると骨盤を支えるお腹周りの筋肉がしっかりと働かず緩んだ状態に。

まずはしっかりと目覚めさせることが大切。後傾した骨盤が床に対してまっすぐに立ちやすくなり、歩くときにもしっかりお腹周りを使って動くことができ、お腹周りがすっきりしやすくなります。

 

ぽっこりお腹エクササイズ

(1)仰向けに寝ます。両膝を立てましょう。

(2)右脚を持ち上げます。

(3)右脚を横に倒します。このときに左のお尻が浮かないよう、骨盤をフラットな状態に保ちましょう。

(4)半円を描くようにして、脚を伸ばし、再び膝を曲げて引き寄せます。

(5)10周行ったら、反対側も同様に行います。

(6)最初の姿勢に戻ります。

(7)右脚を伸ばします。

(8)今度は半円を反対周りにしましょう。

(9)伸ばした脚を右方向へ膝を曲げながら開きます。

(10)膝を天井方向に向けるようにして脚を閉じ、元の姿勢に戻ります。

(11)10周行ったら反対側も同様に行いましょう。

いかがでしたか? エクササイズを終えた後は、立ち上がり腰回りの安定感の変化をチェクしましょう。股関節周りが柔らかい人は、回す脚と逆脚を伸ばした状態で行ってもokです。とっても簡単ですが、骨盤を傾かせないようにして行うのがポイント。ぜひ試してみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる