専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 気持ちが落ち着かず滅入る時に。運動不足を解消しながら心をリラックスさせるヨガ

気持ちが落ち着かず滅入る時に。運動不足を解消しながら心をリラックスさせるヨガ

気持ちが不安になる出来事があると、いつの間にか体が力みがちになります。体だけではなく感情も不安定になりイライラしたり不安が襲ってきたりして何もしていないのに、1日の終わりにはどっと疲れてしまいます。

そんな心身が休息や安心感を求めている時は、あえて体を軽く動かしてみるとバランスが整いやすくなるかもしれません。ヨガは体の健康だけでなく心と体を整えるために用いられます。

運動不足を感じている人にも最適な、全身の姿勢の歪みを整えるヨガ的アプローチをご紹介します。

 

呼吸を意識してみよう

深い呼吸を意識しながら、体を動かしてみましょう。ゆっくりと鼻で呼吸します。吐く息はお腹からゆっくり深く吐き出すことを心がけ、吸うときは胸周りや背中が膨らんでいくようにイメージしながらリラックスしましょう。吐く息が難しいと感じるときは、心の中で「アー」の音を出しながら息を吐くと、深く長く息が吐き出しやすくなります。

ゆったりと座った姿勢や、安定して立った状態でこの呼吸をしばらく続け、慣れてきたら早速動いていきます。

呼吸と動きをシンクロさせて丁寧に動く

(1)立った姿勢で呼吸を整えます。

立ち姿勢

出典: wwo

(2)息を吸いながら左脚を後ろに引き、両腕を左右に広げて左方向へ体を回して横を向きます。

(3)左足先は横へ向け、右足先は斜め内側へ向け、かかとで床を踏みしめましょう。

三角のポーズ

出典: wwo

(4)息を吸います。

(5)息を吐きながら上体を左方向へ倒し、左手を足首辺りにおきましょう。右腕は天井方向へ伸ばします。

三角のポーズ2

出典: wwo

(6)息を吸いながら上体を元の位置まで起こします。

(7)息を吐きながら上体を左足先方向へ向けましょう。

三角のポーズ3

出典: wwo

(8)息を吸います。息を吐きながら上体を左方向へ回転させながら、右腕を床、または左脚の届くところへおきます。

(9)息を吸いながら左腕を天井方向へ伸ばしていきます。

三角のポーズ4

出典: wwo

(10)息を吐きながら左手も床へ下ろし、息を吸いながら(5)のポーズを再び取りましょう。

三角のポーズ2

出典: wwo

( 11)息を吐きながら右腕を下ろし、ふたたぶ(8)のポーズを取ります。

(12)呼吸と動きを丁寧に合わせながら(5)と(8)のポーズを5回程度繰り返します。

(13)終えたら、息を吸いなながら上体を起こし、(1)の立ち姿勢へ戻り、反対側も行いましょう。

 

いかがでしたか? 呼吸を深く丁寧に行いながらバランス力の必要なポーズを繰り返すことで、全身の筋肉を適度に使い

滞った体の巡りを促していきます。呼吸と動きに集中しながら行うことで、イライライした気持ちや不安感を整え、リラクゼーション効果も。運動不足でイライラした気分のときはぜひお家で行ってみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる