専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > リモートワークでなんか太った?休憩時間にできる「たむみお腹」ケア

リモートワークでなんか太った?休憩時間にできる「たむみお腹」ケア

家で過ごす時間が増えている今。自宅仕事に切り替えた人も多いですよね。いつもと慣れない机で長時間パソコンに向かってると、いつの間にか体がコリコリになっています。そんな時間が長くなると、いつの間にか「あれ? お腹にお肉がついたきがする」「お尻がたるんだ?」ある日突然気がついてショックを受けないように、体がこったなと思った時にエクササイズ様子を含んだケアを行っておきましょう。

猫背姿勢に気をつけて

慣れない机で長時間仕事をすると、パソコンとの距離感もありぐっと頭が前に突き出て、前かがみの状態が続くと腰が丸まりお腹にお肉がたまる姿勢になります。骨盤が後ろへ倒れる姿勢が定着すると姿勢が悪くなりますので、常にお腹が緩んだ状態に。これをリセットするために、腰回りが疲れたなと感じたら姿勢の崩れをリセットするケアをしておきましょう。骨盤の位置が整い、上半身と下半身のバランスを整えます。

お疲れ腰を癒し、姿勢の崩れを整える方法

(1)仰向けに寝て両ひざを曲げましょう。両手は体側へ下ろしておきます。

お腹

出典: wwo

(2)息を深く吸い胸全体を広げます。息を吐きながらお腹を凹ませ、長く吐ききっていきましょう。

(3)呼吸が深くスムーズにできるまで続けます。

(4)呼吸が整ったら、息を吸いながら両腕を頭の先に持ち上げて下ろし、同時に両足の裏で踏み込んでお尻から背中までを持ち上げます。

お腹

出典: wwo

(5)お腹から深くしっかりと息を吐き出しながら、お尻を下ろし両ひざを両手で抱え、お腹を圧迫します。

お腹2

出典: wwo

(6)息を吸いながら再び(4)のポジションを取り、同じ動きを繰り返します。

(7)10〜15回行います。

いかがでしたか? お尻を持ち上げるときは、引き上げすぎず、お尻全体に力が入り、太ももとお腹のラインがまっすぐになる位置まででokです。終えた後は、一度立ち上がり

腰回りの安定感をチェックしてみましょう。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる