専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 完全に運動不足!狭いスペースでもできる運動量をあげてお家でダイエット

完全に運動不足!狭いスペースでもできる運動量をあげてお家でダイエット

体を動かす機会が減って、誰しもが運動不足になっています。いつの間にか太っている、体力が落ちている。そんな声も聞こえてきます。そんな時狭いスペースでもできる

方法で体を動かしましょう。今回は寝ながらできる体を目覚めさせるヨガポーズをご紹介します。

体力が落ちると筋力が落ちる

体力が落ちると、姿勢を正しく維持する筋肉が萎えてきます。すぐ疲れやすくなったり、体が凝りやすくなったりしていたら姿勢が悪くなっているかもしれません。普段の生活で体をそらす動きはなかなかしません。けれど背中やお腹、お尻、脚の筋力を使うことは、正しい姿勢を維持するのに大切なことです。体幹もしっかり使って体力を維持しましょう。

最近太りやすくなったかも? そう思う方もぜひチャレンジしてみてくださいね。

1日1分弓のポーズで体力維持

(1)うつ伏せに寝た姿勢で行います。

(2) 両ひざを曲げて両手で足の土踏まず側からつかみます。

(3)深い呼吸を続け呼吸が整うのを待ちましょう。

弓のポーズ2

出典: wwo

(4) 息をお腹から吐き出します。

(5)息を吸いながら両脚を持ち上げ、同時に両脚を後方へ引っ張るようにして上半身を起こしていきます。

(6) 深く深呼吸するように強い呼吸で5呼吸キープします。

弓のポーズ

出典: wwo

(7)両脚と胴体を床に下ろし、呼吸を整えたら再び行います。

(8)5セット行います。

(9)終えたら仰向けになり、両ひざを抱えるようにして体を丸め休みます。

 

いかがでしたか? 体が固まっている人はそらす動きが辛いと感じるかもしれません。その場合は両脚の幅を広げてポーズの強度を緩めましょう。無理のない範囲で行います。

寝ながらできるので体が鈍ってるなと感じる時などいつでも試してみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる