専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 食欲不振や夏バテが始まる前に。体調を整えるとされるヨガポーズ

食欲不振や夏バテが始まる前に。体調を整えるとされるヨガポーズ

梅雨明けが長引いています。気温差が激しく、いつの間にか体調を崩したり、食欲不振になっていませんか? 本格的な夏になると夏バテも気になるところ。体調を崩しやすいこの時期は、内側からのケアをしていきましょう。 

片脚前屈の効果

ジャヌシルシャアーサナ(片脚前屈)は、体の硬い人でも比較的取り組みやすいポーズです。両脚を伸ばした状態での前屈では腰が痛くなったり、脚の後ろ側が痛くなったりして伸びにくい時は、片脚ずつ行うのが良いでしょう。

また精神的にもストレスを緩和させる、落ち込んだ気持ちを穏やかにさせる効果があるとされています。背骨、肩、太ももの後ろ側から下肢の付け根をストレッチし、姿勢の崩れを整える効果も。夏バテで影響がでやすい消化機能を整えるのにも効果があるともいいます。

ジャヌシルシャアーサナのやり方

(1)座った姿勢で行います。

(2)左脚をまっすぐに伸ばし、右ひざは曲げて外側へ倒します。

前屈

出典: wwo

(3)両手を左脚の届くところへおきます。

(4)息を吸いながら軽く腰を起こします。

前屈

出典: wwo

(5)息を吐きながらお腹を太ももに近づけていきます。

前屈3

出典: wwo

(6)脚の後ろが伸びにくい、または痛みを感じる場合は、ひざを少し曲げてお腹を太ももに近づけやすくしましょう。

(7)深くゆっくりと心地よい呼吸で10呼吸程度キープしましょう。

(8)反対側も同様に行います。

 

いかがでしたか? 寝る前などのリラックスしている状態で行うのが良いでしょう。無理やり力づくで伸ばす必要はありません。前屈が浅くても構わないので、深い呼吸ができるように調節してみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる