専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > 正しい洗顔法と「夏の洗顔」おすすめアイテム2選

正しい洗顔法と「夏の洗顔」おすすめアイテム2選

毎日のクレンジング・洗顔。正しくできていますか? 間違ったケアを続けていると、乾燥・小ジワ・シミなど様々な肌悩みの原因につながることも。正しいケアで美肌を目指しましょう!

クレンジング・洗顔で大切なこと

不要な汚れはしっかり落としつつ、肌に必要なうるおいを守ることが大切です。特に、肌への摩擦は乾燥・小ジワ・シミの原因になるのでこすらずにやさしくケアしましょう。

また、基本的にダブル洗顔はマストです。クレンジングはメイクや頑固な皮脂汚れなどの油性汚れを落とし、洗顔は不要な角質やほこりなどの水性汚れを落とします。洗顔だけで全ての汚れを落とすことはできないので、丁寧なダブル洗顔が大切です。

クレンジングのポイント

(1)ポイントメイクを先に落とす

全体クレンジングの際に何度もこすると肌の負担になるので、ポイントメイクは専用リムーバーで事前にやさしく落としましょう。

(2)使用量を守る

使用量は多すぎるのも少なすぎるのもNG。メイクがきちんと落ちなかったり、摩擦によって肌へ負担をかけてしまったりする原因になります。

(3) こすらない

指の腹で肌表面をやさしく撫でるようにクレンジングしましょう。

(4)やさしく洗い流す

シャワーを顔に直接当てて流すのはNG。ぬるま湯を手にすくってやさしく流します。

筆者のおすすめはオルビス オフクリーム。とろとろな柔らかいクリーム状のクレンジングで、お肌をいたわりながらやさしくクレンジングできるのが特徴。メイク汚れはしっかり落としつつ、肌のうるおいを守ってくれます。

洗顔のポイント

(1)予洗いをする

洗顔前にぬるま湯でやさしく肌表面をながすことで、汚れが落ちやすくなります。

(2) 適量をしっかり泡立てる

洗顔料は適量を使い、泡立てネットなどでしっかり泡立てましょう。ボリュームのあるもこもこ泡で洗うことで、細かい汚れまでやさしく落とすことができます。

(3) Tゾーンから洗う

洗顔は皮脂の多いTゾーンから。その後Uゾーンをやさしく洗いましょう。

(4) やさしいタッチで洗う

肌になるべく摩擦を与えないように、肌と指の間で泡を転がすようにやさしく洗います。

(5) ぬるま湯でやさしく流す

適温はぬるま湯です。熱すぎると肌のうるおいをうばいすぎてしまいますし、冷たすぎると毛穴の汚れがきちんと落とせません。

シャワーを直接当てるのではなく、20~30回手ですくって丁寧に流しましょう。

(6) ゴシゴシ拭かない

綺麗なタオルを肌に置くように当て、やさしく水気を吸い取ります。

筆者のおすすめは、カネボウ コンフォート ストレッチィ ウォッシュ。濃密なボリューム泡をつくることができるので、肌にやさしく洗顔をすることができます。洗浄力も高く、皮脂汚れや毛穴汚れもすっきりしますよ。

日々のクレンジング・洗顔に少し気を付けるだけで、肌ダメージを最小限におさえることができます。美肌を目指すために、ぜひ日々のケアに取り入れてみてください!

shiori
美容ライター
フリーランスの美容ライター。国内大手化粧品メーカーの元社員で、美容教育・マーケティング・販促に携わった経験あり。化粧品業界で働いていた経験と、その豊富な美容知識を活かして現在多数の美容メディアにて記事やコラムの執筆を行っている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる