専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 座りっぱなしで歪み太りがきになる。太り癖予防の姿勢ケア

座りっぱなしで歪み太りがきになる。太り癖予防の姿勢ケア

座りっぱなしの姿勢で丸まる背中。腰や背中がガチガチに固まって、姿勢の歪みも気になるところ。放置しておくとその歪みが太りやすい体質を作ってしまうかも。座り姿勢を綺麗に維持するのは難しくても、疲れたと感じたときにケアするなら簡単です。今回は、座ったままできる姿勢ケアをご紹介します。

体が固まったと感じたら歪みケア

(1)床に座った姿勢になります。

(2)両脚を右方向へ向け、左足は右太ももの内側あたりにおきましょう。

(3)右手を左脚の外側へおき、左手は背中の後ろ、床へおろし支えます。

歪み2

出典: wwo

(4)息を吸いながら軽く背骨を伸ばします。

(5)息を吐きながら上から下へと背骨を左方向へねじっていきましょう。

(6)お尻が浮かないように注意して、体の表面ではなく背骨からねじっている感覚を大事にします。

歪み

出典: wwo

(7)5秒程度キープしたら、一度ポーズを緩め、3セット行います。

(8)反対側も同様に行います。

お尻が浮くと効果半減?

上体を捻るときにお尻が浮いてしまうと、体の深部からのねじりの効果が得られません。あまり苦もなく後ろを振り返られるほどねじれる場合は、お尻が浮いている可能性があるのでポジションをもう一度整えてやり直しましょう。

いかがでしたか? 丸まっていた背中や腰の疲れを自覚したら、ねじってみましょう。ねじりにくい方は念入りに行い、猫背姿勢を定着させないようにしましょう。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる