専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > その下半身太りは歪みかも?お家で1分歪みを整えるヨガポーズ

その下半身太りは歪みかも?お家で1分歪みを整えるヨガポーズ

脚のむくみに悩まされる。パンツが急にきつくなった。お腹周りがもたつく。そんな変化に気がついた時は、太った?と思う前に骨盤の歪みからくるむくみ太りかもしれません。今回は、お家で思いついた時にできる骨盤や股関節周りをケアするヨガポーズをご紹介します。

股関節周りの柔軟性も関係する

骨盤の歪みには、股関節周りの柔軟性も関係します。股関節周りが硬いとお腹から脚の付け根にかけて骨盤を支える筋肉がアンバランスになりやすく、下半身への巡りも鈍りやすくなります。むくみがちになることにも関係するので、ほぐしておくことが大切です。

三角のポーズで下半身ケア

(1)両脚を肩幅の2.5倍程度に開きます。

(2)左足先は左方向へ、右足先は正面から少し内側へ向けましょう。

(3)右の内腿を内側へ少しだけ捻るようにすると安定します。

(4)両腕を方の位置で左右に開きます。

三角1

出典: wwo

(5)息を吸います。息を吐きながら胴体を左方向へ倒し、右腕を天井方向へ上げていきます。

(6)この時、胴体が前へ倒れすぎないように、背中側に壁があるようなイメージでお尻、背中のラインを揃えましょう。

三角

出典: wwo

(7)10呼吸程度キープしたら、ポーズを解き、反対側も同様に行います。

いかがでしたか? 無理に胴体を倒す必要はありません。倒すことにこだわりすぎると、どこにも効かせられないポーズになりがち。感覚をつかみたい場合は、壁に持たれて行ってみてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる