専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > 座りっぱなしの腰の疲労と姿勢の崩れをケアするストレッチ

座りっぱなしの腰の疲労と姿勢の崩れをケアするストレッチ

長時間のデスクワークをすると、だんだん上半身が重力に逆らえず背中が落ち、腰が後ろへ倒れ、腰回りに胴体の重みが乗っかり疲労してきます。仕事を終えた頃には腰がガチガチに固まり、姿勢も崩れお腹がぽっこり……。なんてことにも。

今回はそんな姿勢をすぐにリセットし、すっきり腰回りをケアする方法をご紹介します。

ただねじるだけでは効果半減。効果をあげるコツ

腰が疲れた時に、ねじりのポーズは効果的ですが、ただねじるだけでは効果は半減です。姿勢ごと正しいポジションに整えたいなら、ポイントを抑えて意識を変えて行いましょう。どれも簡単なコツで、すっきり感も変わってきます。

姿勢をケアするねじりのポーズ

(1)床に座るか、椅子に座ります。

(2)床座りの場合は、左のひざを立て、右脚は前方へ伸ばします。両手は左ひざを軽く抱えます。

(3)椅子の場合は、右脚の上に脚を組んで座りましょう。両手は左のひざの上に乗せます。

(4)お腹を真上に引き上げます(腰から引き上げようとするのはNG)。

2

出典: wwo

(5)肩の力を抜くために、鎖骨と肩甲骨を後方へ軽く下げる意識をします。

(6)肩の力を抜いたまま、肩甲骨と、胸の横、鎖骨で支えながら左腕を肩の位置まで横から持ち上げていきます。

3

出典: wwo

(7)そのまま、肩甲骨、胸の横、鎖骨で腕を支えたまま、左腕を前方まで移動させます。

4

出典: wwo

(8)息を吸います。息を吐きながら、左の肋骨を左方向から後方へ動かすようにして背骨を捻っていきます。

(9)腕は肩甲骨、胸の横、鎖骨に支えられたまま、肩の力は抜いておきましょう。

5

出典: wwo

(10)そのまま左腕を床に下ろします。

6

出典: wwo

(11)息を吐く時にねじりを深め、息を吸いながらねじりを緩めるようにして呼吸が楽にできるようにします。

(12)呼吸とともに、緩めたり深めたりしながら10呼吸行います。

(13)反対側も同様に行います。

いかがでしたか? 腰から無理やりねじろうとする方が多いですが、それでは軸がぶれて見た目にはねじれているように見えても効果は半減でする可能性があります。深部からしっかりとねじれるように、ポイントを押さえて行ってみてくださいね。

 

ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる