専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 【プロも惚れた】「使ったほうが素肌っぽい」秀逸コンシーラー3選

【プロも惚れた】「使ったほうが素肌っぽい」秀逸コンシーラー3選

有名ファッションブランドのコレクションを覗くと、モデルたちの肌は、素肌感際立つ“ロースキン”ばかり。上質なロースキンをつくるためには、コスメ選びも重要なポイントです。肌を美しくみせるための重要な立役者は“コンシーラー”。

カバーしたいからといってつけすぎてしまっては、ロースキンからかけ離れた厚ぼったいメイクになってしまいます。

そこで今回は、“プロも唸る”カバー力抜群なのに上質なロースキン風に仕上がる秀逸ペンタイプコンシーラーを、メイクアップアーティストの黒木絵里が3つご紹介します。

 

1:ラディアントタッチ / イヴ・サンローラン

【プロが教える】トレンドの必須アイテム!プロも納得!ロースキンには欠かせないペンタイプコンシーラーのオススメ3選

発売から23年経った今でも、“10秒に1本売れている”と言うほどの人気を誇る『ラディアントタッチ』。こちらは、“ハイライター”として販売されていますが、目の下のクマやくすみもナチュラルにカモフラージュしてくれる優秀なベースメイクアイテム。

有名メイクアップアーティストの嶋田ちあき氏も、そのテクスチャーには大絶賛! 23年間、成分を何も変えていないというのも、イヴ・サンローランの製品に対する自信の表れと言えますね!

 

2:THREE アドバンスド スムージング コンシーラー / THREE

【プロが教える】トレンドの必須アイテム!プロも納得!ロースキンには欠かせないペンタイプコンシーラーのオススメ3選

この『アドバンスド スムージング コンシーラー』は2014年にコスメのベストアワードを受賞したTHREEのリキッドファンデーションに続き、新しく発売されたペンタイプのコンシーラーで、THREEならではの、植物オイルや植物エッセンスが目元のトリートメントをしながら、ナチュラルにカバーリングしてくれる製品です。

“スーパーロースキン”にしたい気分の日には、こちらのコンシーラーを少し範囲を広げて頬骨の上にも叩き込み、ふんわりとパウダーで仕上げるのもオススメ。

また、肌色以外にイエローやオレンジなど、目のクマの補正に“効く”カラーがあるのは画期的! 今までクリームコンシーラーに多かったイエローやオレンジ系の補正色がペンタイプで登場するのは、プロにとっても朗報です。

 

3:RMK スーパーベーシック リキッドコンシーラー / RMK

【プロが教える】トレンドの必須アイテム!プロも納得!ロースキンには欠かせないペンタイプコンシーラーのオススメ3選

「日本人の肌をいかに美しくみせるか」ということにフィーチャーしてつくられたRMKのリキッドファンデーションが有名なのは、みなさんもご存知ですよね。

そのRMKのペンタイプのリキッドコンシーラーも、プロの期待どおりの働きをしてくれます。ちなみに筆者も、長年のRMKのリキッドファンデーション愛用者です。

ツヤ感が出しやすく、カバー力も十分なのがRMKのベースメイク類の特徴ですが、このリキッドコンシーラーも仕上げのパウダーはしなくてもOKの質感。

カバー力があるのに、よりナチュラルに仕上がるそのクオリティは、メイク下手さんでもプロ級の仕上がりに簡単にできちゃうでしょう。

 

ペンタイプのコンシーラーは、コンシーラー機能だけでなく、ベースメイクの“お直しタイム”にもなにかと重宝するアイテムです。使いやすいものをみつけて、ポーチに忍ばせておくと便利ですよ!

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

【関連記事】

※ 早くやればよかった…!「花粉症も食欲も抑える」驚きの方法って

※ 外出時の「マスク=保湿」は間違い!勘違いマスク美容していませんか?

※ 2015春は透明感、素肌感!プロが選ぶ「美人度アップ」しまくりリップ3選

※ 半身浴なんて時代遅れ!? キレイな人の新常識「HSP入浴法」って?

 

【今回使用したアイテム】

※ ラディアントタッチ – イヴ・サンローラン

アドバンスド スムージング コンシーラー – THREE

RMK スーパーベーシック リキッドコンシーラー – RMK

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる