医師2人がお風呂で“絶対にしないNG習慣”3つとは?「カラダを洗うときは…」

忙しても、毎日お風呂に入るという人がほとんどでしょう。人によってお風呂で習慣にしていることは違うかもしれません。ですが、その習慣が健康に良くないという可能性もあります。

そこで今回は、現役医師である、木村好珠先生とドクターハッシーこと橋本将吉先生の2人にお風呂で避けている習慣についてお聞きしました。お風呂での習慣を見直したいと思っている人に、必見の内容となっています。

【関連記事】【PR】人気トレーナーが、健康のために取り入れている習慣とは?「サプリとストレッチで…」

 

目次

医師がお風呂で避ける習慣とは?
(1)シャワーだけで済ませること
(2)カラダを洗うときにこすりすぎること
(3)寝る直前に入ること
朝晩のシャワーが加齢臭対策にも
(4)加齢臭の原因を洗い流す

医師がお風呂で避ける習慣とは?

画像:TORWAISTUDIO/Shutterstock
画像:TORWAISTUDIO/Shutterstock

(1)シャワーだけで済ませること

木村先生は避けている習慣の1つとして、「シャワーだけでは、うまくカラダが温まりにくいと考えているので、なるべく湯船につかるようにしています」といいます。忙しくてもなるべく湯船に浸かるようにした方が良いかもしれませんね。

(2)カラダを洗うときにこすりすぎること

また、「肌をこすりすぎると、カラダを守る皮膚というバリアが壊れてしまうでしょう。カラダを洗うときは、やさしく洗うようにしています」と木村先生はいいます。

(3)寝る直前に入ること

さらに、「体温が下がるときに眠くなると一般的にいわれているので、寝る直前の入浴は避けています。だいたい寝る90~120分前に、入浴するのがおすすめです」とのこと。

厚生労働省の『e-ヘルスネット』でも「睡眠は脳の温度が低下するときに出現しやすくなる」(※1)と説明されています。

睡眠時間から逆算して入浴するようにした方が良さそうです。

朝晩のシャワーを浴びる

画像:beeboys/Shutterstock
画像:beeboys/Shutterstock

(4)加齢臭の原因を洗い流す

「私個人の見解としては、朝晩シャワーを浴びることをおすすめします。理論的には、菌や臭いの元になる物質は洗い流すことができるでしょう。私も、朝晩シャワーを浴びることで、カラダから臭いが発しないように心がけています」と橋本先生は説明します。

清潔感を保つためにも意識してみると良いかもしれません。

【関連記事】医師が教える“寝る前に絶対NGなこと”3選!「音楽をかけるのは…」

 

いかがでしたか? 今回は、木村好珠先生とドクターハッシーこと橋本将吉先生に、お風呂で避けている習慣についてお聞きしました。自分の習慣に取り入れてもいいかもしれないですね。

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

<プロフィール>
木村好珠
精神科医、産業医、健康スポーツ医。精神科医として常勤し、都内企業の産業医も務めている。また、東京パラリンピック ブラインドサッカー日本代表、北海道コンサドーレ札幌アカデミーのメンタルアドバイザーとしても活躍中。

【SNS】Twitter:
@konomikimura

画像:READY
画像:READY

 

<プロフィール>
ドクターハッシー・橋本将吉
杏林大学医学部医学科を卒業。2011年に株式会社リーフェを設立し、医大生向けの個別指導塾『医学生道場』の運営と、健康情報の発信を通した啓蒙活動に力を入れる。実際に内科医として診療を行う一方で、『医学生道場』にて医学生の指導を行いつつ、YouTuber『ドクターハッシー』としての顔も持つ。
Twitter:@karada_plan

【画像・参考】
※1 快眠と生活習慣 | e-ヘルスネット(厚生労働省)
※Maridav・beeboys・TORWAISTUDIO/Shutterstock

【おすすめ記事】
【PR】週7時間の運動は欠かさない!50代「トライアスロンコーチ」が、健康のために続けていることとは?
【食事術】40代・50代こそ“腸内ケア”すべき!? 夫婦で取り入れたい「善玉菌を増やす習慣」
【健康法】「ぎっくり腰がきっかけで…」栄養専門医が実践する“健康法”とは
【免疫】新しい環境で体調崩してない?副交感神経を優位にする「3つのポイント」とは
【サプリ】「自分に合ったサプリって…?」フォロワー10万人超の薬剤師が教える、サプリの注意点
【メンタル】「何をやってもうまくいかない…」現役心理士が教える、“鬱”から身を守る方法